• 海外地震
  • 海外M5.5(M6クラス)以上の地震。M5.4以下はNewsFlashをご覧下さい。
2020年01月19日インドネシアM6.0地震

インドネシアでM6.0地震、その後日本でM7クラス起きていた複数の事例


 
2020年01月19日日本時間01:38にインドネシアでM6.0の地震が発生した。インドネシアで今回の震源付近が揺れた事例では、その後日本でM7クラスが起きていたケースも複数に上っていた。

 

インドネシアで01月07日に続くM6.0以上地震

2020年01月19日01:38 M6.0 インドネシア(深さ約33km)

世界でM6.0以上を記録した地震としては01月09日のロシアM6.3以来10日ぶりで2020年としては今回が5回目。2019年に5回目のM6.0が起きたのは2019年01月17日のパプアニューギニアM6.2であったことから、現在のところ前年と似たペースでM6.0以上の地震が発生していることになる。

インドネシアでは今年01月07日にもM6.2の地震が観測されていたが、この時の震源はスマトラ島の西側沖合であったことからパプアニューギニア寄りで起きた今回の地震とはかなり離れた場所であった。

今回の震源付近から西側では2019年06月にM6.1とM6.3の地震がそれぞれ深さ約10kmで発生していた。
 

今回の震源付近後に日本揺れていた事例も複数

インドネシアにおける今回の震源付近が過去に揺れていた事例を追跡すると、その後2ヶ月以内にM6.5以上が最も起きていたのは同じインドネシアで、8例中5例に達していた。2009年01月のM7.7、1971年02月のM7.0のようにM7.0を超える大地震へと繋がったケースも複数見つかっている。

それ以外では日本が目立っていた。1970年07月の日向灘M6.7・震度5、1981年09月の北海道東方沖M6.5・震度4、1998年08月の小笠原諸島西方沖M7.1・震度3に2009年01月の千島列島東方M7.4・震度2を加えればインドネシア・今回の震源付近後2ヶ月以内にM6.5以上が発生していた事例は8例中4例にもなるのである。
 

※画像はU.S. Geological Surveyより。