2020年01月23日日向灘でM3.5・震度1の地震

【NewsFlash】日向灘で2020年最初の有感地震M3.5・震度1、2019年12月とは別の場所で


 
2020年01月23日06:09に日向灘でM3.5・震度1の地震が発生した。日向灘としては1ヶ月ぶりの有感地震で2020年初めて記録した震度1以上であった。付近では同様の深さで過去にM7クラスも発生している。

 

2020年01月23日06:09 M3.5・震度1 日向灘(深さ約30km)

日向灘で有感地震を観測したのは2019年12月23日のM3.5・震度1以来ちょうど1ヶ月ぶりで2020年としては今回が最初の震度1以上であった。

2019年12月は12月22日にもM4.0・震度1の地震が起きていたが、震源の位置は今回が中央に当たり2019年12月の地震はそれぞれ南北に離れた場所で発生していた。

2019年12月22日 M4.0・震度1 日向灘(深さ23km)今回の南側
2019年12月23日 M3.5・震度1 日向灘(深さ32km)今回の北側

今回の震源付近・同等の深さではやや東側で1969年04月にM6.5・震度4、1970年07月にもM6.7・震度5がそれぞれ記録されており、M7クラスも起こり得る場所。

日向灘では2018年にM5.0以上が発生しなかったが2019年には2019年05月10日のM6.3・震度5弱をはじめ6回のM5.0以上が起きるなど最近地震活動が目立っている。

M6.3の地震は日向灘におけるM6.0以上の地震としては2014年以来5年ぶりであったが、M6.5以上のM7クラスは1996年12月03日のM6.7・震度5弱以来発生していない。

またM7.0以上の大地震は1984年08月07日のM7.1・震度4以降すでに36年間起きていない。日向灘ではM7.6前後の地震が30年以内に10%程度の確率で、またM7.1前後の地震が70~80%の確率で発生する可能性があると予測されている。
 

※画像は気象庁より。