• 国内地震
  • 国内M4.5(M5クラス)以上地震。小規模地震はNewsFlashをご覧下さい。
2020年01月29日周防灘M3.1・震度1の地震

周防灘でM3.1・震度1、1925年の北但馬地震直前にも揺れていた場所付近で


 
2020年01月29日07:00に周防灘でM3.1・震度1の地震が発生した。周防灘は有感地震がそれほど多くない場所だが、今回の震源付近が揺れた過去の数例ではその後西日本における強い地震が起きていたケースもみられた。

 

2020年01月29日07:00 M3.1・震度1 周防灘(深さ約20km)

周防灘で有感地震を観測したのは2019年11月03日のM2.6・震度1以来およそ3ヶ月ぶり。2019年には3回の震度1以上を記録していた。

1919年以降、100年間で有感地震が71回と多くない周防灘だが今回の震源付近ではこれまでに数回の地震が起きてきた。

それらについてその後の発震傾向を追跡してみると、西日本における強い地震に繋がる傾向がみられ、2000年01月の事例では6日後に種子島近海でM5.4・震度2の地震が発生していた。

また2017年02月の事例では2週間後に日向灘でM5.3・震度4、2018年11月の時も3週間後の東海道南方沖M5.2・震度2や翌月の熊本県熊本地方M5.1・震度6弱がそれぞれ起きており、4例目となる1925年05月のケースではわずか6日後の1925年05月23日に兵庫県北部を震源とするM6.8・震度6の北但馬地震へと繋がっていたのである。
 

※画像は気象庁より。