2020年02月08日薩摩半島西方沖でM4.0・震度1の地震

【NewsFlash】薩摩半島西方沖でM4.0・震度1の地震、3ヶ月ぶり有感でM4.0以上は1年ぶり


 
2020年02月08日02:13に薩摩半島西方沖でM4.0・震度1の地震が発生した。薩摩半島西方沖で有感地震が起きたのは3ヶ月ぶりで、M4.0を超える規模としては1年ぶりであった。

 

2020年02月08日02:13 M4.0・震度1 薩摩半島西方沖(深さ約20km)

薩摩半島西方沖で有感地震が観測されたのは2019年10月24日のM3.5・震度1以来3.5ヶ月ぶり。2019年には6回の震度1以上を記録していた。

また薩摩半島西方沖でM4.0を超える地震が発生したのは2019年01月25日のM4.6・震度2以来1年ぶりであった。

今回の震源付近では2016年06月にM4.5・震度3が深さ29kmで、2018年07月にもM4.3・震度2の地震が深さ28kmで起きていた。

それぞれについてその後2ヶ月以内のM5.0以上を追跡すると、前者では9日~11日後に奄美大島近海でM5.2~M5.5の地震が3回相次いでいたが、それ以外に周辺における顕著な動きはみられなかった。

薩摩半島西方沖では2015年11月14日にM7.1・震度4の大地震も記録されている。
 

※画像は気象庁より。