2020年02月12日福島県沖M5.5・震度4の地震

福島県沖でM5.5・震度4、2月に入り千葉・茨城に続く4回目のM5超え地震が発生


 
2020年02月12日19:37に福島県沖でM5.5・震度4の地震が発生した。福島県沖でM5.5を超えるM6クラスが起きたのは半年ぶり。02月に入ってから千葉や茨城に続いて福島でもM5.0以上の強い地震が観測されたことから、付近の地震活動に注意が必要な状態だ。

 

2020年02月12日19:37 M5.5・震度4 福島県沖(深さ約80km)

日本国内でM5.5以上のM6クラスが記録されたのは02月06日の茨城県沖M5.7・震度2以来6日ぶりで2020年としては今回が6回目。

福島県沖では02月05日にもM4.4・震度1が起きていた他、2020年に入ってから今回が9回目の有感地震だったが、M5.5以上の規模としては2019年08月24日のM5.6・震度3以来半年ぶりとなる。

今回の震源付近ではこれまでにもM5.0を超える規模の地震が度々発生しており深さも今回と似た70~80kmであった揺れもあった。

関東から東北南部にかけては02月06日の茨城県沖M5.7を含め強い地震が目立っている。01月03日に千葉県東方沖でM5.8・震度4の地震が起きていただけでなく、特に2月に入ってからM5.0を超える地震が千葉・茨城・福島で今回が4回目なのだ。

02月01日 M5.0・震度3 千葉県東方沖(深さ50km)
02月01日 M5.3・震度4 茨城県南部(深さ63km)
02月06日 M5.7・震度2 茨城県沖(深さ54km)
02月12日 M5.5・震度4 福島県沖(深さ約80km)

関東から東北南部にかけての一帯における続発地震への注意だけでなく、徐々に震源が北側に移っているという見方も出来ることから、宮城県以北についても地震活動を注視しておくべきだと言える。
 

追記:【NewsFlash】02月12日の福島県沖M5.5・震度4は福島県沖M5.4・震度4に

※画像は気象庁より。