2020年02月29日茨城県北部M3.5・震度1

【NewsFlash】茨城県北部で24時間の有感地震空白破るM3.5・震度1の地震、前日の栃木県北部M2.6・震度1以来


 
2020年02月29日06:58に茨城県北部でM3.5・震度1の地震が発生した。今回の地震は02月28日の栃木県北部M2.6・震度1以来24時間を経過しての揺れであった。ごく近くでは、約7kmの距離で1924年09月18日にM6.5・震度4の地震が起きていた。

 

2020年02月29日06:58 M3.5・震度1 茨城県北部(深さ約90km)

今回の揺れは02月28日06:47に栃木県北部で発生していたM2.6・震度1以来、24時間を経過して11分後に起きた地震であった。

24時間以上の有感地震空白は02月14日から16日にかけての約36時間空白以来2週間ぶりで、2020年としては今回が5回目。

茨城県北部で有感地震が観測されたのは2020年02月16日のM2.1・震度1以来13日ぶりで、その前は2020年02月13日のM2.7・震度2であった。

今回の震源付近に目立った活断層は確認されていない。

今回の地震は2020年としては8回目の地震。茨城県北部では2019年に39回の有感地震を記録しており、そのうちM5.0以上だった地震は1回であった(震度1未満・規模不明の地震を除く)。

2020年としてはこれまでの計7回のうちM3.0未満だったのが3回、M3.0~3.9が4回、M4.0~4.9が0回、M5.0以上が0回となっている。

1919年以降、茨城県北部で発生してきた有感地震は2,172回でそのうちM5.0以上であったのが39回、M6以上が4回でM7.0以上の大地震は起きていない。

過去最大だったのは1924年09月18日のM6.5・震度4(深さ49km)と1930年06月01日のM6.5・震度5(深さ54km)であった。

また今回の震源から約10km以内でこれまでに発生したM5.0以上地震を距離の近かった順に並べると1930年06月01日にM6.5・震度5の地震が約5kmの距離(深さ54km)で起きていた他、1924年09月18日に6.5・震度4の地震が約7kmの距離(深さ49km)で起きていた。

今回は震源の深さが約90kmとこれらより深かったが、ごく近くでM7クラスの地震が起きた事例が複数であった。

※画像は気象庁より。