2020年03月13日石川県能登地方M5.5・震度5強と余震

【NewsFlash】石川県能登地方・震度5強の規模がM5.4からM5.5に、震度1~2の地震相次ぐ


 
 
2020年03月13日02:18に石川県能登地方で発生した震度5強の地震について、気象庁は地震の規模をM5.4からM5.5に情報を更新した。付近ではその後も震度1~2の地震が相次いでいる。

 

気象庁は03月13日02:18に発生した石川県能登地方における震度5強の地震について、地震の規模を示すマグニチュードを当初のM5.4からM5.5に上方修正し、震源の深さも約10kmから12kmへと情報を更新した。

また付近ではM3前後、震度1~2の地震が相次いでおり、AM5:00までに計5回の揺れを観測している。

2020年03月13日02:18 M5.5・震度5強 石川県能登地方(深さ12km)
2020年03月13日02:36 M3.4・震度2 石川県能登地方(深さ約20km)
2020年03月13日02:46 M2.9・震度1 石川県能登地方(深さ約20km)
2020年03月13日03:04 M2.7・震度1 石川県能登地方(深さ約10km)
2020年03月13日04:53 M3.0・震度2 石川県能登地方(深さ約20km)

今回の一連の地震のうち、最初に発生した震源から約30km以内で過去に24時間以内の連発を記録していた事例としては、最近では2007年04月26日から27日にかけての5回が挙げられる。

この時の連発は2007年03月25日に能登半島沖で発生した能登半島地震(M6.9・震度6強)後に起きていた多数の余震であったとみられる。
 

関連URL:【気象庁】令和2年3月13日02時18分頃の石川県能登地方の地震について
※この記事は合同会社イイチロの地震データ解析システム「EDAS2.0シリーズ」の記事自動制作支援システムを利用しています。
※画像は気象庁より。