2020年03月16日長野県中部で前日から計4回の地震

【NewsFlash】長野県中部で再び2度の地震、03月15日から計4回に


 
2020年03月15日に2度の地震が起きた長野県中部で03月16日未明に再び2回の地震が発生し、前日からの有感地震は計4回となった。

 

2020年03月15日09:53 M3.0・震度2 長野県中部(深さ約10km)
2020年03月15日11:59 M3.6・震度3 長野県中部(深さ約10km)
2020年03月16日04:57 M2.4・震度1 長野県中部(深さ約10km)
2020年03月16日05:20 M2.6・震度1 長野県中部(深さ約10km)

4回の地震の震源はいずれもほぼ同じであったとみられ、これまで有感地震がほとんど観測されてこなかった場所。

今回の一連の地震のうち、最初に発生した震源から約50km以内で過去に24時間以内の連発を記録していた事例としては最近では2017年05月07日の2回で、今回と同じ4回以上の有感地震が24時間以内に続いた例としては2013年07月04日の5回が挙げられる。

また東日本大震災直後だった2011年03月13日から14日にかけて7回、2011年06月29日から30日にかけて14回の連発を記録していた事例がある。連発していた地震の位置はいずれも今回の震源から40~50km程度離れた場所であった。

4回以上の連発後に長野県中部を含む中部地方でM5.5以上の地震に繋がっていた事例としては2011年06月29日から30日にかけての連発の際、約1ヶ月後に駿河湾でM6.2・震度5弱がみられた程度であった。
 

※この記事は合同会社イイチロの地震データ解析システム「EDAS2.0シリーズ」の記事自動制作支援システムを利用しています。
※画像は気象庁より。