2020年03月25日千島列島・カムチャッカ半島周辺M7.8「北西太平洋」

【NewsFlash】千島列島・カムチャッカ半島周辺の大地震は72年ぶりの「北西太平洋」


 
日本時間03月25日11:49に千島列島北部・カムチャッカ半島周辺で発生した大地震について、気象庁が地震の規模をM7.8と発表した。

 

USGSはこの地震の規模を当初のM7.8からM7.5へと情報更新したが、気象庁はM7.8、北海道以外にも青森県や岩手県、宮城県それに東京都新宿区や長野県茅野市でも震度1を観測したと発表した。

2020年03月25日11:49 M7.8・震度1 北西太平洋(深さ-km)

03月25日12:45現在、今回の震源の震央名は「北西太平洋」とされている。北西太平洋を震源とする地震が国内で震度1以上を記録したのは1948年08月のM7.3・震度1以来72年ぶりで、1925年01月のM7.4・震度1と合わせ今回が3回目。
 

※画像は気象庁より。