2020年03月30日浦河沖M5.0・震度3

【NewsFlash】03月28日の浦河沖M4.9がM5.0・震度3に、2年半ぶりのM5超え地震


 
気象庁の震度データベースによると、2020年03月28日に発生していた浦河沖M4.9・震度3の地震は、浦河沖M5.0・震度3となった。

 

2020年03月28日09:57 M5.0・震度3 浦河沖(深さ70km)

M4.9とされていた地震の規模はM5.0となり、約60kmであった深さは70kmとなった。

日本国内でM5.0以上の地震を記録したのは03月29日の石垣島近海M5.0・震度2以来1日ぶりで3月としては5回目、2020年としては14回目。

2019年に14回目のM5.0以上が発生したのは02月26日の択捉島南東沖M5.4・震度1であったことから、2020年は今のところ強い地震の回数は前年より少ないと言える。

浦河沖でM5.0以上が起きたのは2017年09月10日のM5.6・震度4以来2年半ぶり。

浦河沖でこれまでに記録された最大の地震は1982年03月21日のM7.1・震度6(昭和57年(1982年)浦河沖地震)。

追記:国内のM5.0以上地震について、03月29日の石垣島近海M5.0が反映されていなかったため、情報を修正しました。
 

※この記事は合同会社イイチロの地震データ解析システム「EDAS2.0シリーズ」の記事自動制作支援システムを利用しています。
※画像は気象庁より。