2020年04月01日石垣島近海M4.3の地震

【NewsFlash】石垣島近海で本日2回目の地震、3月末から計6回で台湾付近への繋がりも


 
2020年04月01日18:11に石垣島近海でM4.3・震度1の地震が発生した。石垣島近海では04:47にもM4.1・震度1が起きていた他、03月29日から30日にかけて4回の地震を記録していたことから、今回の地震で計6回となった。

 

2020年04月01日18:11 M4.3・震度1 石垣島近海(深さ約10km)

03月29日以降の石垣島近海地震

2020年03月29日12:38 M4.4・震度1 石垣島近海(深さ10km)
2020年03月29日12:39 M5.0・震度2 石垣島近海(深さ10km)
2020年03月29日12:52 M3.9・震度1 石垣島近海(深さ12km)
2020年03月30日00:01 M3.6・震度1 石垣島近海(深さ13km)
2020年04月01日04:47 M4.1・震度1 石垣島近海(深さ約10km)

震源の位置はいずれもほぼ同じであったとみられる。

今回の地震を含め過去30日間で石垣島近海において記録されたM3.0以上の有感地震発生数が6回であるのに対し2013年から2019年までの期間、石垣島近海の1ヶ月あたり平均発生数は0.3回であることから、現状は通常に比べ地震の回数が非常に多いと言える状態である。

石垣島近海では1996年06月09日に6回の地震が相次いだ。この時は石垣島近海でのM5.5を含んでいた他、06月02日には沖縄本島近海でM5.7・震度4の地震が起きていた。

今回のケースでは石垣島近海のすぐ西側に当たる西表島付近で03月31日にM5.5・震度2の地震が観測されている。

03月29日に石垣島近海でM5.0・震度2の地震が起きた際、M4.5~M5.5の過去事例について追跡したところ、4事例中2事例で台湾付近M6クラスが発生していた、と紹介したが、今回のM4.3を受けてM3.8~M4.8の範囲で過去事例を追跡すると、やはり6事例中2例で台湾付近M6クラス以上へと繋がっていたことがわかった。

台湾付近では前述した1996年06月の石垣島近海連発の際にも、7週間後にM5.3の地震が発生していた。
 

※画像は気象庁より。