2020年04月13日長野県北部M4.2・震度4

04月13日の長野県北部震度4はM3.8からM4.2に、東北地方M6クラスへの繋がりも


 
気象庁の震度データベースによると、2020年04月13日に発生していた長野県北部M3.8・震度4の地震は、長野県北部M4.2・震度4となった。

 

2020年04月13日19:16 M4.2・震度4 長野県北部(深さ5km)

M3.8とされていた地震の規模はM4.2となり、約10kmであった深さは5kmとなった。

長野県北部で有感地震が観測されたのは2020年04月02日のM1.8・震度1(深さ1km)以来12日ぶり。

長野県北部でこれまでに記録された最大の地震は2014年11月22日のM6.7・震度6弱(長野県神城断層地震)。

今回の震源位置から約10km以内、深さ0kmから30kmの範囲で発生したM3.7からM4.7の地震5事例についての傾向性は東北地方で顕著にみられた。

5事例中5事例とも2ヶ月以内に東北地方でM5.5以上の地震への繋がりがみられ、そのうち3例は1ヶ月以内の発震だったからである。

1919年07月の事例では28日後に青森県東方沖でM5.5・震度1、1954年02月の際には18日後に三陸沖M5.7・震度1、21日後に福島県沖M5.5・震度1、2014年11月の時は28日後に福島県沖でM6.0・震度4であった。

長野県北部では今回と震源の位置は異なり長野県の東端付近ではあったものの、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の翌日にM6.7・震度6強が起きるなど東北地方太平洋側との関連は無視出来ない。
 

※この記事は合同会社イイチロの地震データ解析システム「EDAS2.0シリーズ」の記事自動制作支援システムを利用しています。
※画像は気象庁より。