2020年04月18日沖縄本島近海M4.1・震度1

沖縄本島近海で今週4回目の地震、これまでと異なる震源で


 

2020年04月18日14:07に沖縄本島近海でM4.1・震度1の地震が発生した。沖縄本島近海では04月15日以来、2回のM5.0を超える地震を含む中規模地震が相次いでいるが、今回は震源の位置が異なっていた。

 

2020年04月18日14:07 M4.1・震度1 沖縄本島近海(深さ約20km)

沖縄本島近海ではM5.0を超える地震を含む有感地震が相次いでいる。

2020年04月15日16:19 M5.2・震度2 沖縄本島近海(深さ36km)
2020年04月15日16:28 M4.6・震度2 沖縄本島近海(深さ32km)
2020年04月17日06:22 M5.0・震度2 沖縄本島近海(深さ約10km)

今回の地震の特徴はこれまでの3回と異なり、沖縄本島の北側で発生したという点であった。

今回の震源から約50km以内でこれまでに発生したM5.0以上地震を距離の近かった順に並べると1931年05月14日に沖縄本島近海でM5.8・震度3の地震が約8kmの距離(深さ131km)で起きていた他、1968年12月08日に沖縄本島近海でM5.1・震度3の地震が約12kmの距離(深さ27km)で起きていた。

同じ条件、今回の震源から約50km以内で記録されてきたM5.0以上地震を規模順にすると最大だったのは2009年09月29日に約45kmの距離で発生した沖縄本島北西沖M6.1・震度3(深さ13km)であった。
 

※この記事は合同会社イイチロの地震データ解析システム「EDAS2.0シリーズ」の記事自動制作支援システムを利用しています。
※画像は気象庁より。