2020年04月21日大阪湾M2.8・震度1

大阪湾で本日2回目の地震、30分後にM2.8・震度1


 

19ヶ月ぶりとなる有感地震が観測されたばかりの大阪湾で、約30分後の2020年04月21日17:56に再びM2.8・震度1の地震が発生した。

 

2020年04月21日17:56 M2.8・震度1 大阪湾(深さ約10km)

大阪湾では17:22にもM2.6・震度1の地震が起きたばかりだった。

2020年04月21日17:22 M2.6・震度1 大阪湾(深さ約10km)

2回目の地震は1回目とほぼ同じ位置で起きたとみられるが、地震の規模を示すマグニチュードは1回目のM2.6に対しM2.8とやや大きかった。

大阪湾では2014年11月に27時間差でM3.9・震度2とM2.9・震度1が続いたケースがあったが、兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)を記録した1995年を除けば、今回のように短時間の間に連発した事例は1990年04月05日に約1時間差でM3.2・震度1とM4.0・震度2が相次いだ例程度。

この時は南海トラフ沿い及び西日本における強い地震には繋がらなかったが、1週間後に福井県嶺南でM6.1・震度2、5週間後に日本海西部でM6.2・震度1、6週間後に富山湾でM5.4・震度2と日本海側における発震が比較的目立っていた。

追記:04月21日大阪湾2回の地震は震源が淡路島付近に
 

※画像は気象庁より。