• NewsFlash
  • 国内M5クラス以上、海外M6クラス以上地震は国内地震・海外地震をご覧下さい。
2020年04月22日宮城県沖M4.3・震度1

宮城県沖でM4.3・震度1、2日前のM6.2から南側の震源で


 
2020年04月22日20:26に宮城県沖でM4.3・震度1の地震が発生した。宮城県沖では2020年04月20日に5年ぶりの強い地震、M6.2・震度4が起きたばかりだった。

 

2020年04月22日20:26 M4.3・震度1 宮城県沖(深さ約40km)

宮城県沖で有感地震が観測されたのは2020年04月20日にM6.2・震度4とM4.3・震度2が起きて以来であった。

今回の震源は04月20日のM6.2より南側に当たる場所で、震源の深さはM6.2が46kmであったのに対し今回は約40kmと同程度であった。

今回の地震を含め過去30日間で宮城県沖において記録されたM3.0以上の有感地震発生数が6回であるのに対し2013年から2019年までの期間、宮城県沖の1ヶ月あたり平均発生数は12.5回。

今回の地震は2020年としては22回目。宮城県沖では2019年に98回の有感地震を記録しており、そのうちM5.0以上だった地震は0回であった(震度1未満・規模不明の地震を除く)。

2020年としてはこれまでの計21回のうちM3.0未満だったのが1回、M3.0~3.9が15回、M4.0~4.9が4回、M5.0以上が1回となっている。

1919年以降、宮城県沖で発生してきた有感地震は4,352回でそのうちM5.0以上であったのが270回。またM6.0以上は47回でM7.0以上の大地震は7回記録されている(規模不明は除く)。

過去最大だったのは1978年06月12日のM7.4・震度5(1978年宮城県沖地震)で深さは40kmであった。

宮城県沖において過去に発生してきたM5.0以上の地震を規模の大きい順に並べるとこのようになる。
1978年06月12日 M7.4 震度5 宮城県沖(1978年宮城県沖地震)
1936年11月03日 M7.4 震度5 宮城県沖(1936年宮城県沖地震)
2011年04月07日 M7.2 震度6強 宮城県沖
2005年08月16日 M7.2 震度6弱 宮城県沖(2005年宮城県沖地震)
1937年07月27日 M7.1 震度5 宮城県沖

また今回の震源から約10km以内でこれまでに発生したM5.0以上地震を距離の近かった順に並べると1971年04月05日に宮城県沖でM6.0・震度3の地震が約4kmの距離(深さ38km)で起きていた他、2016年08月22日に宮城県沖でM5.3・震度3の地震が約4kmの距離(深さ33km)で起きていた。

同じ条件、今回の震源から約10km以内で記録されてきたM5.0以上地震を規模順にすると最大だったのは1968年07月05日に約9kmの距離で発生した宮城県沖M6.4・震度4(深さ55km)であった。

今回の震源付近で同規模の地震が発生した過去の事例では、20例中9例で2ヶ月以内に三陸沖M6クラス以上へと繋がっていた。また茨城県沖で5例、福島県沖と宮城県沖で3例、関東東方沖・青森県東方沖・千葉県東方沖がそれぞれ2例と東北地方から関東地方にかけての太平洋側における強い地震へと連なっていく傾向性がみられた。

方面別にみると東北地方で20例中12例、関東地方で9例という結果であった。
 

※この記事は合同会社イイチロの地震データ解析システム「EDAS2.0シリーズ」の記事自動制作支援システムを利用しています。
※画像は気象庁より。