2020年04月26日釧路沖と根室半島南東沖で地震

釧路沖と根室半島南東沖で地震、コンボ直後のM6クラス事例も


 

2020年04月26日00:03と02:12に釧路沖と根室半島南東沖で地震が発生した。震源の位置は近く、深さも共に50kmと同程度であった。これら2つの震源が短時間の間に揺れ合った事例では、その後付近でM6クラスが起きていたケースもみられる。

 

2020年04月26日00:03 M3.1・震度1 釧路沖(深さ約50km)
2020年04月26日02:12 M3.2・震度1 根室半島南東沖(深さ約50km)

釧路沖で有感地震が観測されたのは03月13日のM3.8・震度1以来1.5ヶ月ぶり、根室半島南東沖では02月05日のm4.4・震度2以来2.5ヶ月ぶりであった。

根室半島南東沖では01月28日にM5.5・震度4のM6クラスを記録している。

釧路沖と根室半島南東沖が短時間の間に揺れあった事例としては、2019年04月27日に約5時間の間にそれぞれで有感地震が発生したケースがあり、この時は翌日十勝地方南部でM5.6・震度4、その1週間後に根室半島南東沖M5.3・震度4と複数回の強い地震へと繋がっていた。
 

※画像は気象庁より。