2020年05月09日岩手県沖で本日3回目の有感地震

岩手県沖でM3.2・震度1、日に3回の有感地震は2016年07月以来約4年ぶり


 

2020年05月09日11:48に岩手県沖でM3.2・震度1の地震が発生した。岩手県沖で有感地震が観測されたのは本日3回目。いずれもほぼ同じ位置であったとみられる。岩手県沖で日に3回の震度1以上を記録したのはほぼ4年ぶり。

 

2020年05月09日11:48 M3.2・震度1 岩手県沖(深さ約10km)

岩手県沖ではこれまでに2回の地震が発生していたことから、今回の地震は05月09日としては3回目。

2020年05月09日06:35 M4.5・震度3 岩手県沖(深さ約10km)
2020年05月09日07:24 M3.5・震度1 岩手県沖(深さ約20km)

3回の地震はいずれもほぼ同じ位置で起きたとみられる。岩手県沖で日に3回の有感地震を記録したのは2016年07月20日M4.8・震度3、M4.1・震度2、M3.8・震度1の3回の揺れ以来ほぼ4年ぶり。

当時は岩手県沖における3連発の3日前に茨城県南部でM5.0・震度4、前日に千葉県北東部でM5.2・震度4、当日直前に再び茨城県南部でM5.0・震度4と関東地方で強い地震が相次いでいたことから05月04日と06日に千葉県で2回の震度4を記録した今回と似た条件下であった。

岩手県沖で3回の地震が観測された後にどのような揺れへと繋がっていたかと言えば、1週間後に茨城県北部でM5.4・震度5弱、それから19日後に福島県沖でM5.6・震度4、その4日後に茨城県沖でM5.4・震度4と関東から東北南部で震度4~5弱が続き、岩手県沖から1ヶ月後に当たる08月20日に三陸沖でM6.4・震度3とM6.2・震度3という2回の地震へと繋がっていった。
 

※画像は気象庁より。