宏観異常

北海道胆振の白老町でクジラが流れ着く、23日に漂流していた死骸の可能性

Pocket

 
北海道胆振の白老町に6月25日、クジラが流れ着いているのが見つかった。


このクジラは6月23日に苫小牧の沖合で漂流していたクジラの死骸が海岸に流れ着いたものと見られ、腐敗が進んでおり異臭も放っており爆発の危険性があるとして回収が断念されていた。

体長は15mほどだということだがクジラやイルカの打ち上げは地震との関連を指摘されることも多く、今回クジラが流れ着いた場所からも近い浦河沖では6月25日01:40にM4.1、07:04にM3.7のそれぞれ有感地震が起きている他、6月16日にM5.3・震度6弱を記録した内浦湾からもそれほど遠くないことからも今後の地震活動との関連が気になるところだ。
 



「地震ニュース」では地震の分析と過去データからの予測・前兆情報を全てオリジナル記事でご提供。新着記事配信登録でいち早くどうぞ。


follow us in feedly

読者アンケートにご協力下さい。読者アンケート
現在の予測情報はメインメニューから「地震予測カレンダー」を参照して下さい。

当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。またリライトと判断される行為についても固くお断り致します。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。「無断転載禁止」をご覧ください。


Pocket

-宏観異常
-, ,