• NewsFlash
  • 国内M5クラス以上、海外M6クラス以上地震は国内地震・海外地震をご覧下さい。
2020年05月11日長野県中部の地震が減少

長野県中部の地震回数が04月26日のピークから10分の1程度まで減少


 

04月23日にM5.5・震度4の地震が発生し、その後群発地震が続いている長野県中部で、規模の小さな地震の回数が減少しており、05月11日にはピーク時の10分の1程度となった。

 

05月12日に公開された気象庁による05月11日の震源リストによると、長野県中部を震源とする地震は05月11日に128回であった。

04月23日以降、最も多かったのが04月26日の1,297回であったことから、ピーク時に比べ10分の1程度まで減少したことになる。

長野県中部における有感地震は05月08日のM2.2・震度1以降観測されていない。

減少したとは言え、05月11日に長野県中部に次ぐ地震回数だったのはM5.5・震度3が発生した茨城県沖の25回と長野県中部の128回とは大きな差があり引き続き国内で最も地震数の多い震源であることから、引き続き強い地震への警戒は必要である。

長野県中部の地震発生数
04月23日 1116
04月24日  954
04月25日  803
04月26日 1297
04月27日  910
04月28日  603
04月29日  357
04月30日  487
05月01日  465
05月02日  380
05月03日  473
05月04日  358
05月05日  390
05月06日  299
05月07日  226
05月08日  208
05月09日  157
05月10日  194
05月11日  128
 

※画像は気象庁より。