2020年05月26日関東東方沖M4.6

関東東方沖付近でまた地震、M4.6が相模トラフ沿いで


 

USGSによると2020年05月26日14:57にM5.1の地震が発生した関東東方沖付近で18:05に再びM4.6の地震が観測された。震源の位置はM5.1よりやや西側、相模トラフ沿いであったとみられる。

 

2020年05月26日18:05 M4.6・震度0 関東東方沖付近(深さ約10km)

気象庁は05月26日18:30までにこの地震による震度1以上の揺れを発表していない。

今回の震源からすぐ東側では、14:57にM5.1の地震が発生したばかりであった。

今回の地震はM4.6と、M5.1に規模が近かった上、相模トラフ沿いであったことから、今後神奈川県に至る相模トラフ側への地震活動の波及を注視していく必要がある。

三重会合点付近で起きたM5.1に関して、同程度の規模・深さ・位置で記録されてきた過去の6事例では、その後1ヶ月以内に関東地方におけるM6クラス地震に繋がっていたケースが6事例中4例であり、それらの中には複数回のM6クラスへと繋がった事例も複数であったことから、過去の傾向性からは関東地方における強い地震の発生に注意が必要である。

また、6事例中3例では同じ関東東方沖で1週間以内にM6クラスが起きていた事例も半分の6事例中3例に達していた。
 

※画像はU.S. Geological Surveyより。