2020年06月01日薩摩半島西方沖で震度4に続く2回の地震

薩摩半島西方沖で震度4に続き3回の地震がほぼ同じ場所で発生、計4回に


 

気象庁によると2020年06月01日09:33にM4.3・震度4の地震が発生した薩摩半島西方沖で10:15までに更に3回の有感地震が観測され、同日に記録された震度1以上の地震は計4回となった。

 

2020年06月01日09:37 M2.9・震度2 薩摩半島西方沖(深さ約10km)
2020年06月01日09:50 M2.3・震度1 薩摩半島西方沖(深さ約10km)
2020年06月01日10:15 M2.5・震度1 薩摩半島西方沖(深さ約10km)

3回の地震はいずれも09:33のM4.3・震度4とほぼ同じ位置であったとみられ、深さも約10kmと同程度であった。

薩摩半島西方沖ではM6.2・震度3が発生した05月03日と小規模な地震が続いた05月28日にもそれぞれ1日に2回ずつの揺れを観測していたが、24時間以内に3回以上の有感地震が起きたのは2016年05月12日から13日にかけて以来4年ぶり。

この時は前月の2016年04月に熊本地震が発生したばかりで、薩摩半島西方沖では2016年05月06日から24日までに14回の地震が続き、M5.5を含むM5.0以上の地震も計3回起きていた。

2016年05月12日から13日に3連発した際には、翌日05月14日にM5.1・震度2の地震へと繋がっていった。
 

※画像は気象庁より。