200517logo

2020年05月の地震概況~国内M6クラスが4回、世界M7クラスは4回


 

2020年05月の月間地震概況は世界でM7を超える大地震が発生しなかった一方でM6.5以上のM7クラスが4回記録された。日本国内ではM5.5以上のM6クラスが4回起きており、際立った地震はなかったものの、地震活動は比較的活発であった。

 

世界M7以上大地震は発生せず、M7クラスは4回で04月より増加

2020年05月の世界で発生したM6.0以上の地震は8回で、最大だったのは05月06日のインドネシアM6.8であった。04月に最大だったのは04月18日の小笠原諸島西方沖M6.6(気象庁はM6.8と計測)であった。

M6.0以上の地震数は04月に6回であったことから、05月は2回増加と前月より地震活動は活発であったと言える。2020年のM6.0以上発生数は01月の15回がこれまでの最多で、2019年の最多は06月の18回であった。

M7.0以上の大地震は04月に引き続き観測されなかった。

2020年05月の世界M6.0以上(UST)
2020年05月02日 M6.6 ギリシャ
2020年05月06日 M6.8 インドネシア
2020年05月07日 M6.1 パプアニューギニア
2020年05月12日 M6.6 サンタクルーズ諸島
2020年05月15日 M6.5 米国
2020年05月22日 M6.1 メキシコ
2020年05月27日 M6.1 バヌアツ
2020年05月31日 M6.0 ペルー
 

日本国内のM5.0以上は10回、M6クラスは4回

2020年05月に日本国内で発生した地震の傾向は、M5.0以上の有感地震が10回と04月の11回から1回減少した。M5.5以上のM6クラスは4回で最大だったのは05月03日の薩摩半島西方沖M6.2・震度3。

04月のM6クラス以上は05月と同じ4回で、最大だったのはM7クラスとなった04月18日の小笠原諸島西方沖M6.8・震度4であった。

M5.0以上の地震が前月より1回減少したこと、前月起きていたM7クラスが発生しなかったことから日本国内の05月の地震活動は前月よりやや低調だったと言えるが、地震活動は長野県中部や岐阜県飛騨地方で活発に続いている。

日本国内で震度4以上の揺れを記録したのは9回。05月17日の紀伊水道と05月23日の沖縄本島近海ではそれぞれM4.6・M4.9とM5.0未満で震度4の揺れとなった。

日本国内でこれまで最後にM7.0を超える大地震が観測されたのは02月13日の択捉島南東沖M7.2・震度4だが、日本国内で震度1以上を記録した地震としては03月25日にカムチャッカ半島に近い千島列島でM7.5・震度1が起きていた(気象庁の震央名は北西太平洋)。

2020年05月の日本国内M5.0以上有感地震
2020年05月03日 M6.2・震度3 薩摩半島西方沖
2020年05月04日 M5.6・震度4 千葉県北東部
2020年05月06日 M5.0・震度4 千葉県北西部
2020年05月11日 M5.8・震度3 茨城県沖
2020年05月18日 M5.2・震度4 宮城県沖
2020年05月19日 M5.4・震度4 福島県沖
2020年05月19日 M5.4・震度4 岐阜県飛騨地方
2020年05月27日 M5.2・震度3 宮古島近海
2020年05月29日 M5.3・震度4 長野県中部
2020年05月31日 M5.6・震度4 十勝沖

2020年05月の日本国内震度4以上
2020年05月04日 M5.6・震度4 千葉県北東部
2020年05月06日 M5.0・震度4 千葉県北西部
2020年05月17日 M4.6・震度4 紀伊水道
2020年05月18日 M5.2・震度4 宮城県沖
2020年05月19日 M5.4・震度4 福島県沖
2020年05月19日 M5.4・震度4 岐阜県飛騨地方
2020年05月23日 M4.9・震度4 沖縄本島近海
2020年05月29日 M5.3・震度4 長野県中部
2020年05月31日 M5.6・震度4 十勝沖