2020年06月12日日向灘M2.9・震度1

日向灘でまた地震、M2.9・震度1が異なる震源・南側の沿岸近くで


 

気象庁によると2020年06月12日21:00に日向灘で再びM2.9・震度1の地震が発生した。20:30のM4.2・震度3とは異なる位置で、日向灘としては今月に入り5回目の有感地震となる。

 

2020年06月12日21:00 M2.9・震度1 日向灘(深さ約40km)

30分前に発生していたM4.2・震度3の地震は06月に入り発生した地震の中で最も北側であったが、今回のM2.9は南側の最も陸地に近い位置であった。深さは共に約40kmであった。

今回の震源から約20km以内でこれまでに発生したM5.0以上地震を距離の近かった順に並べると1950年12月24日に日向灘でM5.4・震度3の地震が約14kmの距離(深さ27km)で起きていた他、1939年03月20日に日向灘でM6.5・震度4の地震が約18kmの距離(深さ57km)で起きていた。

同じ条件、今回の震源から約20km以内で記録されてきたM5.0以上地震を規模順にすると最大だったのは1939年03月20日に約18kmの距離で発生した日向灘M6.5・震度4(深さ57km)であった。
 

※画像は気象庁より。