2020年06月19日沖縄県の地震に新たにM6クラス

06月19日のM5.0以上地震2回は与那国島近海に、新たにM6クラスも石垣島北西沖で


 

気象庁の震度データベースによると、2020年06月19日に沖縄県で発生していたM5.0を超える規模の地震に関する情報が更新され、新たにM6クラスの地震が追加された。

 

2020年06月19日に沖縄県で発生していたM5.0以上の地震は速報値では2回とされていた。

2020年06月19日01:42 M5.1・震度2 石垣島北西沖(深さ約10km)
2020年06月19日09:26 M5.5・震度2 石垣島近海(深さ約20km)

06月21日に更新された震度データベースによると、これら2回の地震はいずれも震源の位置が与那国島近海であったとされ、地震の規模も5.1から5.2、5.5から5.6へとそれぞれ上方修正された。

2020年06月19日01:42 M5.2・震度1 与那国島近海(深さ24km)
2020年06月19日09:26 M5.6・震度2 与那国島近海(深さ18km)

また、速報値では発表されていなかったM6クラス地震が新たに追加された。

2020年06月19日01:43 M5.7・震度2 石垣島北西沖(深さ14km)

これらの変更によって、06月19日に沖縄県で発生した地震はM5.5を超えるM6クラスが石垣島北西沖M5.7・震度2と与那国島近海M5.6・震度2の2回となり、M5.0を超える規模としては与那国島近海M5.2・震度1を加えた3回となった。

これら3回はいずれも近い位置で起きた地震であった。
 

※画像は気象庁より。