2020年06月26日中国M6.4の地震

中国南西部でM6.4、01月のM6.0以来5ヶ月ぶりのM6超え地震


 

USGSによると日本時間2020年06月26日06:05に中国南西部でM6.4の地震が発生した。ごく近くでは2014年02月にM6.9の地震が起きていた。

 

日本時間2020年06月26日06:05 M6.4 中国(深さ約10km)

今回の地震は2020年に世界で発生したM6.0以上の地震としては2020年06月23日にメキシコで発生したM7.4以来3日ぶりで、2020年としては52回目となる。

今回の地震に先立っては、ほぼ同位置で約30分前にM4.7の地震が起きていた。中国でM6.0以上の地震が記録されたのは2020年01月19日のM6.0以来5ヶ月ぶり。

中国でM5.5以上の地震が観測されたのは2020年03月20日のM5.7以来98日ぶり。その前は2020年01月24日のM5.5であった。

中国では2019年にM6.0以上の地震は起きなかった。

2019年に中国で記録された地震を規模順にランキングするとこのようになる。
2019年06月17日 M5.8 中国(深さ約6km)

中国では2020年にこれまでM6.0以上の規模の地震が1回起きているがM7.0以上の大地震は発生していない。

1901年以降、中国で発生してきたM6.0以上の地震は248回でそのうちM7.0以上であったのが37回。20世紀以降、過去最大だったのは1950年08月15日のM8.6で深さは約15kmであった。

中国で過去に記録されてきたM6.0以上の地震を規模順に並べるとこのようになる。
1950年08月15日 M8.6 中国(深さ約15km)
1920年12月16日 M8.3 中国(深さ約15km)
1931年08月10日 M7.9 中国(深さ約10km)
1932年12月25日 M7.9 中国(深さ約15km)
2008年05月12日 M7.9 中国(深さ約19km)

また今回の震源から約200km以内でこれまでに発生したM6.5以上のM7クラス地震を距離の近い順に並べると2014年02月12日にM6.9の地震が約29kmの距離(深さ10km)で起きていた他、2008年03月20日にM7.2の地震が約109kmの距離(深さ10km)で起きていた。
同じ条件、今回の震源から約200km以内で記録されてきた地震を規模順にすると最大だったのは1924年07月11日に約170kmの距離で発生したM7.2(深さ10km)であった。
 

※本文に記載の情報は速報値に基づいており、その後情報が更新される場合があります。最新の情報は関係機関にてご確認下さい。
※この記事は合同会社イイチロの地震データ解析システム「EDAS2.0シリーズ」の記事自動制作支援システムを利用しています。
※画像はU.S. Geological Surveyより。