200517logo

2020年06月の地震概況~世界・日本国内ともに前月より地震活動が活発に


 

2020年06月の月間地震概況は世界でM7を超える大地震が2回発生した他、日本国内でもM6を超える規模の地震が2回発生するなど前月より地震活動は活発であった。

 

世界でM7以上大地震が2回、M6以上は計10回

2020年06月の世界で発生したM6.0以上地震は計10回で、最大だったのは06月18日のケルマデック諸島M7.4と06月23日のメキシコM7.4であった。前月の05月にはM7を超える大地震は起きていなかった他、M6以上地震も計8回であったことから、06月は05月より地震活動が活発であったと言える。

M6以上地震の回数は04月が6回、05月が8回、06月が10回と徐々に数を増している。2020年にこれまで最多だったのは01月の15回で、2019年の最多は06月の18回であった。

2020年06月の世界M6.0以上(UTC)
2020年06月03日 M6.8 チリ
2020年06月03日 M6.1 フィジー
2020年06月04日 M6.4 インドネシア
2020年06月10日 M6.0 大西洋中央海嶺
2020年06月13日 M6.6 日本(奄美大島北西沖)
2020年06月13日 M6.2 マリアナ諸島
2020年06月18日 M7.4 ケルマデック諸島
2020年06月21日 M6.0 アイスランド
2020年06月23日 M7.4 メキシコ
2020年06月25日 M6.3 中国
 

日本国内ではM6以上が2回

2020年06月に日本国内で発生した地震の傾向は、M5.0以上の有感地震が12回と前月の10回から2回増加した。またM6を超える規模の地震も前月の1回から2回に増え、世界と同様05月より地震活動は活発であったと言える。

最も規模の大きかった地震は06月14日の奄美大島北西沖M6.3・震度4であった。また、06月25日には震度5弱を記録したM6.1の地震が千葉県東方沖で発生していた。

それ以外の特徴としては06月中旬から与那国島近海や石垣島北西沖でM5~M6クラスの地震が相次いでいた点が目立っている。

2020年06月の日本国内M5.0以上有感地震
2020年06月01日 M5.2・震度4 茨城県北部
2020年06月03日 M5.0・震度1 福島県沖
2020年06月14日 M6.3・震度4 奄美大島北西沖
2020年06月14日 M5.5・震度2 与那国島近海
2020年06月15日 M5.0・震度1 与那国島近海
2020年06月15日 M5.9・震度1 与那国島近海
2020年06月15日 M5.5・震度1 与那国島近海
2020年06月15日 M5.4・震度1 与那国島近海
2020年06月19日 M5.2・震度1 与那国島近海
2020年06月19日 M5.6・震度2 与那国島近海
2020年06月19日 M5.7・震度2 石垣島北西沖
2020年06月25日 M6.1・震度5弱 千葉県東方沖

2020年06月の日本国内震度4以上
2020年06月01日 M5.2・震度4 茨城県北部
2020年06月01日 M4.3・震度4 薩摩半島西方沖
2020年06月04日 M4.8・震度4 茨城県沖
2020年06月10日 M4.7・震度4 土佐湾
2020年06月14日 M6.3・震度4 奄美大島北西沖
2020年06月17日 M4.4・震度4 岐阜県美濃中西部
2020年06月25日 M6.1・震度5弱 千葉県東方沖