• 海外地震
  • 海外M5.5(M6クラス)以上の地震。M5.4以下はNewsFlashをご覧下さい。
2020年07月22日M7.8大地震起きたアラスカの震源付近で数分間にM6クラスが2回

M7.8大地震起きたアラスカの震源付近で数分間にM6クラスが2回


 

USGSによると日本時間2020年07月22日15:12にM7.8の大地震が発生したアラスカの震源付近で、更に数分以内に2回のM6クラス地震が起きていたことがわかった。

 

1回はM7.8から4分後にM6.1、更に4分後にM5.7とM6以上を含む2回のM6クラス地震が相次いでいた。

07月22日15:12 M7.8 アラスカ(深さ約28km)
07月22日15:16 M6.1 アラスカ(深さ約18km)
07月22日15:20 M5.7 アラスカ(深さ約26km)
日本時間。

震源の位置はいずれもM7.8の近くで、M6.1が約60km、M5.7が約50km離れていたとされている。

またこれら以降も日本時間15:30にM4.8、15:33にもM4.6のM5クラスがM7.8の震源付近で観測されており、余震活動が続いている。

アラスカに関する地震データは15:12に発生したM7.8大地震を参照。
 

※画像はU.S. Geological Surveyより。