170307-005jinari

2017年03月07日東京都23区中心の一帯で「地鳴り」の指摘がSNSに相次ぐ


 
2017年3月7日の正午前後から13時くらいまでの間に、東京都23区を中心とした一帯で大きな「地鳴り」が聞こえたという指摘がSNSで相次いでいる。

東京都心部などで「地鳴り」?指摘相次ぐ

下記のグラフはYahoo!リアルタイム検索で「地鳴り」を含んだ書き込み数の推移を示しているが、正午ころから急増していたことがわかる。

それによると「地鳴り」を含む発言は東京都内から神奈川県にかけての一帯が多く、都心部は港区から東は荒川区、西は世田谷区や目黒区で南側だと品川区・大田区から川崎市辺りからも報告されていたようだ。

また方角については「南の方から」「南西方向から」といったコメントがあった他、音の種類としては「ゴロゴロ」「ゴーッ」「太く丸い音」が2回・3回・4回など複数回聞こえたとされている。

東京都付近では雷などの発生はなかったようで、飛行機の音ではないか?との意見も見られてはいるものの多くの人は「地鳴り」だったと感じているようである。

地震発生時の「地鳴り」は珍しくないが、今回は「地鳴り」の前後に有感地震が発生していなかったことや3月3日の午後、神奈川県横浜市の八景島沖でクジラが泳いでいるのが見つかったと報じられていたこと、それに3月5日の午前から午後にかけて千葉県北東部や千葉県東方沖でM4.7・震度3を含む有感地震が計4回相次いだことも、直近における関東地方での地震発生に対する警戒感を高めそうだ。

170307-004jinarigraph
 

最近の有感地震を伴わない「地鳴り」と地震発生の関係

有感地震を伴わない「地鳴り」としては3月2日未明に九州地方で「地鳴り」の書き込みが相次いだばかりだったが、この時は同日深夜、23:53に日向灘でM5.2・震度4の地震が起きていたため改めて「地鳴り」への関心も高まったようであった。

また東京都で「地鳴り」が話題になった例としては2016年12月5日に東京で「地鳴り」と騒ぎになったがこの時は3日後の12月8日に福島県沖でM4.9・震度3が発生していた。