170421-005kujira

2017年04月21日東京湾で相次ぐクジラ目撃、茨城県北部で震度4が2回発生


 
2017年4月21日の朝から夕方にかけて、再び東京湾付近でクジラの目撃が相次いでいたと海上保安庁が伝えている。

海上保安庁「海の安全情報」では東京湾付近で朝から3回に渡りクジラの目撃情報を公開、付近の航行船舶に注意を促していた。

04月21日08:33 第二海堡東側付近でクジラらしき物の目撃情報
04月21日11:25 第二海堡東方でクジラらしき物の目撃情報
04月21日16:52 富津岬北側付近海域でクジラらしき物(3頭位)の目撃情報

第二海堡は富津岬の沖合にあることから、いずれも千葉県富津岬付近で目撃されたということになるが、この日のクジラはフジテレビが撮影に成功していた(上記画像)。

東京湾付近でのクジラ目撃は4月16日にも八景島沖で、そして翌日の4月17日にも根岸海づり公園前や第二海堡東方で目撃されていたことを既に紹介していたが、相次ぐクジラ出現は何かの前兆なのだろうか。

21日に撮影に成功したフジテレビでは今回のクジラの種類をコククジラだとした上で、個体数の回復によって回遊ルートに入っている東京湾周辺に現れる頻度が増しているのではないかとしているが、4月20日の未明には2度に渡って茨城県北部で震度4の地震が起きるなど多少の不気味さも漂っている。

3月上旬に鹿児島県でマッコウクジラ6頭が打ち上げられたり鹿児島湾内でクジラが目撃された際にはM5を超える地震が2度発生したという事例もあるだけに、念の為注意しておいたほうがよいかもしれない。
 
※画像はニュース映像より。
関連URL:【FNN】撮影成功! 姿現した「東京湾クジラ」