• NewsFlash
  • 国内M5クラス以上、海外M6クラス以上地震は国内地震・海外地震をご覧下さい。
2020年10月02日米国カリフォルニア州ソルトン湖付近の地震は24時間でM2.5以上が150回超える

米国カリフォルニア州ソルトン湖付近の地震は24時間でM2.5以上が150回超える


 

USGSによると日本時間2020年10月01日08:00から始まった米国カリフォルニア州・ソルトン湖付近における地震は、M2.5以上の規模が24時間で150回以上に達している。

 

日本時間2020年10月01日08:00より米国カリフォルニア州のソルトン湖南岸付近で始まった地震は、10月02日08:00までの24時間でM2.5以上の規模が157回に達している。これまでの最大は日本時間10月01日09:31のM4.9。

一連の地震に対してはUSGSが今後の予測情報と共に伝えている。それによるとこの地域では過去にも同様の群発地震が発生した履歴があり、1981年にはM5.8、2012年にはM5.4の地震を含んでいたという。

USGSは今後の予測について3つのシナリオを提示しており、90%と最も可能性の高いシナリオはM4.5~M5.4の地震を含む群発が続き、7日間程度の間に減少していくというもの。

また可能性10%と次に高いシナリオはM5.5~M6.9の地震が発生するパターン。更に1/300と確率は低いものの7日以内にM7.0を超える規模の地震へと繋がっていく恐れも否定はしていない。

ソルトン湖付近では08月上旬にも今回の震源域から北側に当たる場所で30回前後の地震が発生、当時USGSは上記3つのシナリオについてそれぞれ確率を80%、19%、1%としていた。
 

関連URL:【USGS】Earthquake Forecast for the Westmorland Swarm beginning Sept. 30, 2020
※画像はU.S. Geological Surveyより。