• NewsFlash
  • 国内M5クラス以上、海外M6クラス以上地震は国内地震・海外地震をご覧下さい。
2020年12月05日深夜から翌未明に長野県中部M2.4・震度1と岐阜県飛騨地方M3.5・震度2の地震が相次ぐ、震源は離れた場所

長野県中部M2.4・震度1と岐阜県飛騨地方M3.5・震度2の地震が相次ぐ、震源は離れた場所


 

気象庁によると2020年12月05日深夜から06日未明にかけて、長野県中部と岐阜県飛騨地方で有感地震が相次いで発生した。震源の位置は離れていた。

 

2020年12月05日22:36 M2.4・震度1 長野県中部(深さ約10km)
2020年12月06日00:14 M3.5・震度2 岐阜県飛騨地方(深さ約10km)

長野県中部と岐阜県飛騨地方では04月下旬から群発地震が相次いでいたが、今回の地震は長野県中部は群発地震の震源域付近であった一方、岐阜県飛騨地方におけるM3.5・震度2は離れた位置で起きた地震であった。

2回の地震は震源の距離が約60km離れていた。

岐阜県飛騨地方の震源付近には阿寺断層帯が走っており、北部では30年以内にM6.9程度の地震が6~11%の高い確率で予測されている。
 

※画像は気象庁より。