171022-002kantotohooki

2017年10月22日関東東方沖付近でM5の地震、東北地方太平洋側でM5以上も


 
2017年10月22日の00:50に茨城県沖から関東東方沖にかけての震源でM5.0の地震が発生した。今回の地震ではその後東北地方太平洋側におけるM5以上に留意しておく必要がありそうだ。

この地震による震度は計測されていないが、周囲における地震発生データからは、近日中に強い揺れに繋がる恐れも考えておいたほうがよさそうだ。

上記の図は東日本大震災以降、今回の震源(オレンジ色)付近で発生したM5以上の震源をマッピングしたものだが、周辺の震源10ヶ所中6ヶ所までが2011年3月に発生していた。

更に2011年3月に発生していた6回のうち4回が3月11日と東日本大震災本震の当日中であったことから、東北地方太平洋側における地震との相関関係に目を向けておく必要があるだろう。

2011年3月の東日本大震災直後のタイミングにおいては強い地震が多発してたため、これを除いた残りの4回についてその後1週間から10日以内にどのような地震が発生していたか調べてみると、東北地方太平洋側における地震との関連を裏付けるかのようにM5以上の地震が相次いでいたのである。

しかも、いずれもが震度4以上を含んでいた。4回中2回が福島県沖、1回が宮城県沖、そしてもう1回が茨城県北部において。

2011年05月12日 M5.2      茨城県沖~関東東方沖
2011年05月14日 M5.7 震度4  福島県沖
2011年05月15日 M5.0 震度3  福島県沖
2011年05月15日 M5.0 震度2  福島県沖
2011年05月19日 M5.4 震度2  福島県沖

2012年01月08日 M5.0      茨城県沖~関東東方沖
2012年01月09日 M5.0 震度3  岩手県沖
2012年01月12日 M5.8 震度4  福島県沖
2012年01月12日 M5.4 震度3  宮城県沖

2012年09月25日 M5.0      茨城県沖~関東東方沖
2012年10月02日 M5.2 震度3  福島県沖
2012年10月02日 M6.3 震度3  三陸沖
2012年10月02日 M5.0 震度2  三陸沖
2012年10月03日 M5.1 震度4  宮城県沖

2013年12月23日 M5.3      茨城県沖~関東東方沖
2013年12月27日 M5.0 震度3  岩手県沖
2013年12月31日 M5.4 震度5弱 茨城県北部
2014年01月02日 M5.1 震度3  千葉県東方沖
2014年01月04日 M5.3 震度1  福島県沖

では、東日本大震災までの期間、今回の震源付近の動きはどうだったのだろうか。興味深いことにM5以上で抽出すると1920年代以降、2011年3月まで今回の震源付近ではM5以上の地震があまり発生していなかった。その中で比較的近い場所で起きていた地震について見てみると1回はその後M5以上なし、1回はM5以上ではあったが震度は2、そしてもう1回はM5以上で震度4、となっていたことからやはり東日本大震災によって東北地方太平洋側との関連が増したものとも思えるが、こうしたデータからは10月末にかけて、東北地方太平洋側におけるM5以上・震度4以上に注意した方が良いと言って良いだろう。
 
※画像はUSGSより。