171102-008kantenchoark

2017年11月02日関東地方で「環天頂アーク」や「幻日」地震起きた例は


 
2017年11月2日、環天頂アークや幻日が出現したとして話題になっているようだ。関係性があるのか偶然なのか、過去にはその後地震が起きていた例もないわけではない。

下記の通りSNSへの書き込み数をグラフ化したYahoo!リアルタイム検索で「環天頂アーク」や「幻日」の出現数をを調べてみても過去1ヶ月で11月2日に跳ね上がっているのが顕著に見て取れるが、weathernewsでも取り上げられており、「関東周辺の空では様々な虹色現象の出現が相次いでいます」と環天頂アークや幻日について報じられている。

科学的な関連は見つかっていないものの、環水平アークや環天頂アーク、幻日、日暈といった気象現象は地震と結び付けられて語られる機会も少なくない。

根拠はない、と繰り返した上で環天頂アークや幻日が見られた際にその後強い地震が起きていたケースはあるのか、ということについて参考までに過去のデータを記しておくが、地震が起きていた事例は、ある。

環水平アークについて言えば、有名なのは2014年5月4日にSNSで話題になった際、その翌朝早くに伊豆大島近海でM6.2・震度5弱が発生し東京都心でも震度4を記録したケースだが、環天頂アークの場合はどうなのだろうか。

もちろん、地震が起きていなかった場合もあるのだが、2014年7月31日に環天頂アークが見られたときには8月10日に青森県東方沖でM6.1・震度5弱。また2014年10月10日に日暈や環天頂アーク、幻日環が観測されると翌日10月11日にこれも青森県東方沖でM6.1・震度4、更に2015年5月22日に関東や東海で環天頂アークが目撃された事例では3日後の5月25日に埼玉県北部でM5.6・震度5弱、そして5月30日には小笠原諸島西方沖でM8.1・震度5強の巨大地震を観測していた例もあるのである。

環天頂アークの目撃とその後2週間以内に発生していたM5以上

2014年07月31日 環天頂アーク
2014年08月03日 M5.2 震度2  奄美大島北西沖
2014年08月03日 M5.7 震度3  奄美大島北西沖
2014年08月10日 M6.1 震度5弱 青森県東方沖

2014年10月10日 日暈や環天頂アーク、幻日環
2014年10月11日 M6.1 震度4  青森県東方沖
2014年10月11日 M5.6 震度3  青森県東方沖
2014年10月15日 M5.1 震度3  沖縄本島近海
2014年10月16日 M5.9 震度2  八丈島東方沖
2014年10月18日 M5.1 震度1  奄美大島北西沖
2014年10月22日 M5.5 震度4  沖縄本島近海

2015年02月25日 本州の広い範囲で環天頂アークや幻日

2015年05月22日 関東や東海で環天頂アーク
2015年05月22日 M5.1 震度5弱 奄美大島近海
2015年05月25日 M5.6 震度5弱 埼玉県北部
2015年05月30日 M8.1 震度5強 小笠原諸島西方沖
2015年05月31日 M5.6 震度1  硫黄島近海
2015年05月31日 M6.3 震度1  鳥島近海
2015年06月03日 M6.0 震度1  父島近海
2015年06月04日 M5.0 震度5弱 釧路地方中南部

2015年09月19日 関東から関西にかけて環天頂アーク、幻日
2015年09月29日 M5.0 震度1  三陸沖
 
171102-007graph
 
関連URL:【weathernews】【逆さの虹】関東で太陽周辺に虹色の現象相次ぐ