171110-001murai

2017年11月10日村井俊治東大名誉教授「年末年初は要警戒」首都圏・南関東に


 
2017年11月10日の朝、東大名誉教授の村井俊治氏がTwitterで「首都圏を含む南関東」について「年末・年初は要警戒です」と注意を促している。村井名誉教授は数日前にも南関東における異常に言及していた。

村井氏は既に11月8日、「週刊MEGA地震予測」において「南関東に異常が集中しています。警戒を怠らないでください。」と述べていたが、11月10日、改めてTwitterで南関東について「首都圏を含む」とし、また時期について「年末・年初」と情報を付加した形で地震への警戒を促した形。

村井「地震科学探査機構(JESEA)は地震予測を分かりやすく理解していただくために動画配信を始めます。登録をお勧めします。先日2018年に起きる可能性のある大きな地震の予測に関して取材を受けました。首都圏を含む南関東は最近かなり異常が発生しており、一番心配しています。年末・年初は要警戒です。」

11月8日に「週刊MEGA地震予測」における南関東警戒を扱った際に11月に入ってから茨城県を中心とした関東地方で地震が多発していると指摘したが、茨城県では11月10日未明にも茨城県南部でM3.6・震度2が起きており、また11月9日には八丈島東方沖でM6.1の規模で地震が発生している。

今回、村井氏が「首都圏を含む」「年末・年初」とより具体的に情報発信したことで、地震への警戒が広がりそうだ。
 
関連URL:Twitter