171219-002tohoku

2017年12月18~19日朝にかけ東北地方でM4以上が4回発生、最近の傾向は


 
2017年12月のここ数日、東北地方の特に太平洋側で地震が増加している印象が強まっている。

12月19日の朝にも宮城県沖でM4.5・震度3の地震が発生したが、この地震では速報で一時M6.4と表示されたことからも瞬間的に警戒が強まったようだ。これ以外にも18日に宮城県沖でM4.3・震度3、福島県沖でM4.1・震度2、茨城県沖でM3.5・震度1が起きるなど目立っている。最近1週間の間に関東・東北地方で発生した有感地震。

12月13日07:34 M3.9 震度2  宮城県沖
12月13日08:11 M3.0 震度1  岩手県内陸南部
12月14日20:20 M3.4 震度1  茨城県南部
12月14日21:12 M3.8 震度1  宮城県沖
12月15日16:05 M4.0 震度1  福島県会津
12月16日02:16 M5.4 震度4  岩手県沖
12月17日00:27 M1.8 震度1  秋田県内陸南部
12月17日03:50 M3.7 震度1  岩手県沿岸北部
12月17日14:17 M2.7 震度2  津軽海峡
12月18日03:55 M4.0 震度1  宮城県沖
12月18日06:10 M4.3 震度3  宮城県沖
12月18日11:04 M4.1 震度2  福島県沖
12月18日14:09 M3.5 震度1  茨城県沖
12月19日06:54 M4.5 震度3  宮城県沖

東北地方における地震発生数は増加しているのだろうか。11月以降、週ごとの関東・東北地方における地震発生数と、そのうちM4以上が占める回数をカウントしてみた。(12月19日は09:30まで)

期間回数うちM4以上
11月01日~11月07日22回08回
11月08日~11月14日12回03回
11月15日~11月21日18回05回
11月22日~11月28日17回03回
11月29日~12月05日12回04回
12月06日~12月12日13回07回
12月13日~12月19日16回07回

こうしてみると関東から東北地方にかけての一帯における有感地震の発生数が最近になって顕著に増加しているというわけではないことがわかる。とはいえ目立つのはM4以上の中規模地震が占める割合が12月に入ってから高まっているという点であり、ここ2週間では半分近くがM4以上である。

比較的規模の大きな地震が増加傾向にあることが地震活動の活発化を印象づけていると言えそうだが、12月16日に岩手県沖でM5.4・震度4、12月15日に東京湾でM4.4・震度2が発生したように強い地震につながる可能性も否定は出来ないため、東北地方から関東にかけての一帯では念のため注意しておいたほうが良いだろう。
 
※画像は気象庁より。