180125-014hamadoori

2018年01月23日福島県浜通りでM3.6・震度1、約3ヶ月ぶりの有感地震


 
2018年01月23日の23:21に福島県浜通りでM3.6・震度1の地震が発生した。地震の多い福島県浜通りだが、今回は約3ヶ月ぶりという間隔での発震であった。

福島県浜通りで有感地震が起きたのは2017年10月30日のM3.1・震度1以来約3ヶ月ぶり。福島県浜通りでは2017年に12回、2016年にも14回の有感地震を観測していたことから、今回の約3ヶ月という間隔は福島県浜通りとしては久しぶりという印象を与えている。

今回の震源位置は「北緯37.0度/東経140.7度・深さ約20km」で、同緯度・同経度ではこれまでに85回もの揺れを記録してきた。福島県浜通りで1927年以降に起きてきた有感地震の回数は約1,000回であることから、全体の1割近くが今回と同緯度・同経度における地震だったということになる。

今回の震源位置で初めて地震を観測したのは2011年04月11日で、17:16に福島県浜通りの別震源でM7.1・震度6弱が発生した10分後にM5.6・震度5弱で初の揺れを記録。その後もM5.2・震度4や翌日の2011年04月12日にはM6.3・震度6弱という強い地震を引き起こしたこともある。

また深さこそ今回の20kmに対し10kmであったが2014年07月16日にも今回と同緯度・同経度ではM4.6・震度4が発生したこともあることから、今回の震源それ自体が強い揺れに繋がる可能性があると考えておいた方がよいだろう。

尚、「北緯37.0度/東経140.7度」で有感地震がおきたのは2016年08月09日のM3.4・震度1以来1年5ヶ月ぶりのことであった。
 
※画像は気象庁より。