180215-002aomorikujira

2018年02月14日イワシ大量漂着の青森県でクジラが打ち上げられる


 
2018年02月11日に青森県でミンククジラが打ち上げられたと現地紙が伝えている。青森県では地震との関連が指摘されるイワシの大量打ち上げがあったばかりであることから注目を集めそうだ。

これは02月14日にデーリー東北が報じているもので、それによると青森県の太平洋側にあたる階上町の海岸に体長約5mのミンククジラが打ち上げられたという。

記事によると02月11日の夕方、近くを通った人が発見したとされていることから、打ち上げられた日時は定かではないようだ。

専門家は「気候の変化などが原因ではないとの見方を示した」というが、青森県ではイワシの大量打ち上げが話題になったばかりであるだけに、これに続く動物の異変として話題になりそうだ。

青森県では最近、地震に関連した話題が増加傾向にあるようだ。01月15日には青森県下北地方で約90年間に43回目という珍しい地震が発生、01月24日の青森県東方沖M6.2・震度4は今のところ今年最も強い国内地震である。

また青森県ではないものの、太平洋側では02月13日にアウターライズ領域でM5.3という地震が久しぶりに発生したばかり。

2017年12月には地震調査委員会がM9クラスの超巨大地震が切迫していると発表したばかりの北海道・千島海溝沿いにからもほど近い青森県であるだけに、地震発生状況や動物の異常に関する情報には留意しておくべきといえるだろう。

なお、今回のニュースが報じられた02月14日は大分県や長崎県、それに台湾でもイルカやクジラに関する話題が相次いで伝えられている。
 
※画像は青森県階上町。GoogleMapより。
関連URL:【デーリー東北】ミンククジラ、海岸に打ち上げ/階上・小舟渡