180215-003suzume

2018年02月12日埼玉県でスズメ40羽が大量死、鳥インフル陰性など原因は


 
2018年02月12日に埼玉県でスズメが40羽死んでいるのが見つかった、と現地の埼玉新聞が報じている。鳥インフルエンザ陰性で農薬は検出されておらず、付近には電線もないことから話題になっているようだ。

これは02月14日に埼玉新聞が県の発表として伝えているもので、それによると02月12日の午後、埼玉県美里町の町道で25mに渡ってスズメ40羽が死んでいるのが見つかったという。

鳥インフルエンザの簡易検査では陰性で農薬も検出されておらず、死骸が発見された周囲は田んぼであることから電線や木などもないことから、埼玉県では国立環境研究所に調査を依頼するのだという。

今回のスズメの大量死が地震と関係していると考えるのは早計ではあるが、動物の異常として記録のために紹介しておく。

スズメの大量死は2016年08月17日に福島県いわき市で約250羽が死んでいるのが見つかったとして現地紙が報じたことがある。

この時、その後周辺で強い地震が起きていたか調べてみると、被災地震とまではいかなかったものの、M5~M6台の地震が東北地方太平洋側で相次いでいた。

2016年08月19日 M5.4 震度4 茨城県沖
2016年08月20日 M5.3 震度2 三陸沖
2016年08月20日 M6.0 震度3 三陸沖
2016年08月21日 M5.9 震度3 三陸沖
2016年08月21日 M5.5 震度2 三陸沖
2016年08月21日 M5.2 震度1 三陸沖
2016年08月21日 M5.1 震度2 三陸沖
2016年08月22日 M5.2 震度2 三陸沖
2016年08月22日 M5.2 震度3 宮城県沖

今回スズメが大量死した埼玉県美里町は埼玉県の北部に位置しているが、埼玉県北部では02月08日に2年8ヶ月ぶりとなるM4超え地震が起きたばかりだった。

また首都圏では01月31日の夜に「地鳴り」に関するコメントがSNS上で一時的に増加していた。
 
関連URL:【埼玉新聞】スズメ40羽死ぬ 美里の町道で25メートルにわたり発見 鳥インフル陰性、農薬も検出されず