180216-002odawara

2018年02月16日神奈川県の小田原でリュウグウノツカイが水揚げされる


 
2018年02月16日に小田原魚市場でリュウグウノツカイが水揚げされたと伝えられている。小田原では東日本大震災前などにもリュウグウノツカイが揚がっていたとされている。

同市場では01月上旬にもリュウグウノツカイが捕獲されていたが、今回も前回と同様「小田原魚市場公式ブログ」が明らかにしているもの。

前回、01月06日に神奈川県の二宮町でリュウグウノツカイが捕獲された際には、その前後に伊豆を含む関東地方で強い地震が相次いでいただけに注目を集めた。

01月05日 M4.4 震度3 茨城県沖
01月06日 M4.8 震度4 千葉県北西部
01月06日 M4.4 震度3 伊豆半島東方沖
01月06日 M4.6 震度3 伊豆大島近海
01月10日 M5.2 震度2 千葉県東方沖

また小田原では東日本大震災の2ヶ月前にあたる2011年01月や、2013年04月に三宅島近海でM6.2・震度5強が起きる2ヶ月前にもリュウグウノツカイが揚がっていたとされることから、当分の間地震への関心が高まることになりそうだ。

リュウグウノツカイは最近では01月11日に日本海側の京都府・若狭湾で定置網にかかったと報じられており、関連は不明だがその後01月31日には関西で大規模な「地鳴り」騒ぎが起き、京都では02月01日に深発無感ながらM4.4という地震が発生していた。

他には2017年10月07日に奄美大島でリュウグウノツカイが見つかった際、その12日後に奄美大島北東沖でM5.6・震度3が起きた事例が最近では挙げられる。
 
関連URL:【小田原魚市場公式ブログ】2/16