180612-001osumihantotohooki

2018年06月12日大隅半島東方沖で8年ぶりの震度4、目立つ南海トラフ関連


 
2018年06月12日早朝、大隅半島東方沖で04:54にM5.5・震度4、04:56にM4.0・震度2と有感地震が相次いだ。大隅半島東方沖は日向灘のすぐ南側に位置する震源であり南海トラフとの関わりも拭えないことから、関連震源への波及に懸念が広がりそうだ。

予測されていた南海トラフ関連でのM5以上

大隅半島東方沖で有感地震が観測されたのは04月10日のM4.0・震度2以来2ヶ月ぶりで、2018年としては今回が3回目と4回目。M5以上を観測した地震としては2017年04月29日のM5.7・震度3以来約13ヶ月ぶり、震度4以上を記録した地震としては2010年01月25日のM5.3・震度4以来なんと8年5ヶ月ぶりである。

南海トラフ関連震源でM5以上が発生する可能性については複数のシグナルが見られていた。05月04日に千葉県北西部でM4を超える地震が2度続いた際に過去の事例を調べたところ、9事例中8回で日向灘など南海トラフ関連が1ヶ月前後のうちにM5以上の揺れを記録していたのだ。

また05月30日に徳島県南部でM3.8・震度2が起きた際にも、過去のデータからその後1ヶ月以内に南海トラフ関連の震源で強めの地震が発生する傾向があることを紹介していた。

こうした点からは今回のM5.5・震度4という規模にそれほどの意外性はないが、予兆は数値にも現れていたようだ。今回の地震後、村井俊治東大名誉教授が早速Twitterで九州南部について「警戒が必要です」と「週刊MEGA地震予測」上で伝えていた、と語っている。

村井「今朝4:54に大隅半島東方沖でM5.5、震度4の地震が起きました。九州南部は要警戒地域にしていました。先週のメルマガでは「この地域は全体的に沈降していますが、沈降していた宮崎県南部は隆起しています。沈降の後、隆起に転じる場合は地震が起きる事例がありますので警戒が必要です」と述べています。」
 

同位置ではその後三重県南東沖でM5.5の例も

次に今回の震源位置における過去事例だが、M4.0・震度2が観測された「北緯31.2度/東経131.7度・深さ約20km」の場所でこれまでに地震が発生した例はない。しかし、M5.5・震度4を観測した「北緯31.2度/東経131.5度・深さ約30km」の地点ではこれまでに3回の地震が起きており、その後南海トラフと関わりが深い場所が揺れていたケースも見られた。

1993年には愛媛県南予でM5.3・震度3、また2001年には三重県南東沖でM5.5・震度2が記録されていたのだ。

1993年06月23日 M4.5 震度1  大隅半島東方沖(今回と同位置)
1993年08月02日 M5.6 震度3  大隅半島東方沖
1993年08月14日 M5.3 震度3  愛媛県南予

2001年10月17日 M4.1 震度1  大隅半島東方沖(今回と同位置)
2001年11月12日 M5.5 震度2  三重県南東沖

2013年04月27日 M3.6 震度2  大隅半島東方沖(今回と同位置)

 

06月に入り活発化し始めた南海トラフ関連震源

今回の場所における過去事例からは1~2ヶ月以内に別の南海トラフ関連震源に波及していく可能性を否定出来ないが、南海トラフ関連では最近、気になる動きも目立っている。小規模ながら06月に入ってこれだけの地震が起きているのだ。

06月03日14:30 M2.3 震度1 徳島県南部
06月03日15:17 M2.9 震度2 徳島県南部
06月03日15:42 M2.7 震度1 徳島県南部
06月03日18:31 M3.9 震度3 天草灘
06月04日14:39 M2.3 震度1 大阪府南部
06月06日01:21 M3.9 震度2 日向灘
06月07日02:08 M2.5 震度1 三重県南部
06月07日07:48 M2.0 震度1 鳥取県中部
06月09日22:50 M3.4 震度3 静岡県東部
06月11日03:53 M3.0 震度1 徳島県北部
06月12日02:26 M2.6 震度1 和歌山県北部

また06月03日には瀬戸内海に30~40頭のイルカの群れが出現したと報じられたばかりである。

今回M5.5を記録した大隅半島東方沖では過去約90年間に5回発生しているM6を超える地震が2000年06月25日のM6.0・震度4以降起きていないことから、今回の地震が前震であった可能性も現時点では否定出来ないが、同時にすぐ隣りの震源である日向灘にも注視しておくべきだろう。

日向灘では1931年以降、M7以上の大地震を5回、07年から20年の間隔で発生させてきたが、1984年を最後にすでに34年間、起きていないからである。
 
※画像は気象庁より。
関連URL:Twitter