180612-002chibakentohooki

2018年06月12日千葉県東方沖で早速M4.9発生も「より大きな地震の可能性」


 
2018年06月11日に地震調査委員会が「今後の地震活動に注意して欲しい」と促したばかりの千葉県東方沖で06月12日の05:09に早速、M4.9・震度3の地震が発生したことで改めて今後の発震への警戒が首都圏で強まっている。

「より揺れの大きい地震起こる可能性もある」

千葉県東方沖で地震が起きたのは06月03日のM2.7・震度1以来9日ぶりで、2018年としては今回が17回目となることからこのタイミングでのM4.9・震度3にそれほど驚く必要はない。

しかし地震調査委員会による注意喚起を伝えた際に紹介した通り千葉県東方沖ではこれまで少なかったM5を超える地震が既に今年に入ってから4回も発生しており、今回もこれに近い規模であったことから、更に強い地震への懸念を持っておくべきだろう。

今回のM4.9・震度3以上の規模で地震が起きる可能性について地震調査委員会委員長の平田直・東大地震研究所教授が早速言及している。

これは06月12日午前の段階でNHKの取材に対し答えているもので、教授は「今回は震度3だったが、今後はより揺れの大きい地震が起きる可能性もある」と語っているのだ。
 

千葉県東方沖2つの空白とは

では千葉県東方沖ではこれまでどの程度の規模の地震が起きてきたのだろうか。約90年間でM6を超える地震が千葉県東方沖発生した事例は21回。いずれもM7を超えることこそなかったものの、1987年12月17日にはM6.7・震度5弱の千葉県東方沖地震が起きており2名の死者を出したこともある。

約4年強に1度のペースでM6以上が発生する計算となる千葉県東方沖だが、東日本大震災以降頻発していたM6以上が2012年06月06日のM6.3・震度3以後起きていないのだ。既に6年が経過していることから、この空白を破る地震が発生する可能性は否定出来ない。

東日本大震災以降の千葉県東方沖におけるM6以上地震

2011年03月16日 M6.0 震度5弱 千葉県東方沖
2011年04月12日 M6.3 震度5弱 千葉県東方沖
2011年04月21日 M6.0 震度5弱 千葉県東方沖
2012年03月14日 M6.1 震度5強 千葉県東方沖
2012年06月06日 M6.3 震度3  千葉県東方沖

「空白」は6年間という時間だけではない。上記は東日本大震災以降、深さ50km以下で発生した房総半島周辺でのM4.5以上地震をマッピングした図だが、オレンジ色で示した今回のM4.9・震度3が非常に珍しい場所で起きていたことがわかるだろう。

今回の地震は東日本大震災後の空白地帯で発生していたのだ。今後、溜まった歪みを解消する動きがあってもおかしくはない。時間と場所、2つの空白を破る地震に注意しておく必要がありそうだ。

実際、05月17日に千葉県東方沖でM5.3・震度4が起きた際にも紹介していたが、千葉県東方沖では東日本大震災以降、徐々に減少してきたM5以上が2018年に入ってから反転、増加傾向を見せている。既に地震活動は活発化の兆しを見せ始めているのである。

千葉県東方沖におけるM5以上地震発生数

2011年 18回
2012年 07回
2013年 06回
2014年 01回
2015年 00回
2016年 02回
2017年 01回
2018年 04回(2018年06月12日09:00まで)
 

アユにイルカそしてヘビまで

千葉県東方沖を含む関東地方の太平洋側で強い地震が起きる兆候も見られている。05月14日に岩手県沖でM5.1・震度3が発生した際、過去のデータから千葉・茨城・福島などにおける複数回のM5以上が起きやすいことがわかっている他、05月25日に長野県北部でM5.1・震度5強が観測された時も、同一震源ではその後茨城県などでM5やM6を超える地震が発生する傾向があったことが判明しているためだ。

関東地方における強い地震の発生可能性については専門家も指摘している。既に何度も紹介しているが村井俊治・東大名誉教授が「南関東周辺」を「要警戒」と位置づけており、規模と時期についてもGW明けの段階で「3ヶ月以内震度5以上」と予測しているのである。

こうした中、不気味な兆候も見られている。05月に神奈川県相模川でアユの遡上が過去最高になっていると報じられ、アユの豊漁が関東大震災や慶長三陸地震の前にも見られた現象であることから首都圏における大地震発生への懸念が広がっているのだ。

また05月07日には千葉県の谷津干潟でイルカの死骸が見つかっており05月25日には神宮球場に1mを優に超えるヘビが現れたとの報道もあるなど動物の話題も目立っている。

いずれにせよ地震調査委員会委員長が今回の千葉県東方沖M4.9発生後に「より揺れの大きい地震が起きる可能性もある」と語っていることを軽視すべきではないだろう。
 
※画像はURGSより。
関連URL:【NHK】”地震調査委員会の指摘通り” 千葉県東方沖で地震発生