180618-008zenshin

地震予測

2018年06月18日「更に強い地震の恐れも」大阪府北部震度6弱に複数専門家が指摘で前震の可能性は

Pocket

 
06月18日に大阪府北部で発生したM6.1・震度6弱の地震で改めて強い地震への警戒が広がっているが、複数の専門家が更に強い地震が起きる可能性を否定しておらず、今回の地震が前震であった恐れも消えていない。また本震であった場合でも別の危険性が存在しているのである。

複数専門家が「更に強い地震の可能性も」

今回の地震についての専門家の受け止めを各メディアが一斉に報じているが、目立つのが今後更に強い地震が発生する可能性を複数の専門家が否定していない点だ。

時事通信に対しては名古屋大減災連携研究センター長の福和伸夫教授が「さらに大きな地震が来る可能性は否定できない」と語っており、産経新聞でも地震調査委員会委員長の平田直・東大地震研究所教授が「今回と同程度か、もっと強い揺れの地震が起きる可能性もある」と指摘しているのである。

M6.1が前震であったか否かについてはわからないが、では過去の大地震において前震が起きていたケースでは、本震に至るまでにどのような経緯を辿ったのだろうか。

東日本大震災と熊本地震に見る前震と本震の関係性

前震の存在に注目が集まった東日本大震災の事例では、2011年03月09日の11:45に三陸沖でM7.2・震度5弱が起きてから51時間後に本震・2011年03月11日14:46のM9.0が発生していた。

また直下型地震の例としては2016年の熊本地震が挙げられるが、この時は2016年04月14日の21:26にM6.5・震度7の前震があり、その28時間後04月16日01:25に本震・熊本県熊本地方M7.4・震度7が起きていた。

これら2つの事例について、前震と本震の間に起きていた主な地震に注目してみると、ある傾向性が見えてくる。

2011年03月09日11:45 M7.2 震度5弱 三陸沖
2011年03月09日11:57 M6.3 震度3  三陸沖
2011年03月10日06:22 M6.6 震度4  三陸沖
2011年03月11日14:46 M9.0 震度7  三陸沖

2016年04月14日21:26 M6.5 震度7  熊本県熊本地方
2016年04月14日22:07 M5.7 震度6弱 熊本県熊本地方
2016年04月15日00:03 M6.4 震度6強 熊本県熊本地方
2016年04月16日01:25 M7.4 震度7  熊本県熊本地方

まず、どちらのケースも前震から1時間以内に比較的近い規模の地震がすぐに発生していたことだ。東日本大震災では前震の12分後にM6.3、熊本地震では前震から41分後にM5.7と、それぞれ前震からマグニチュード1未満の差でまず地震が起きていた。

そして本震に至る過程では更に前震に近い規模の地震が発生。東日本大震災ではM7.2だった前震に対しM6.6が、そして熊本地震では前震の規模とほぼ近いM6.4という地震が起きていたのである。

こうした点に照らせば、今回の大阪府北部M6.1・震度6弱の場合、06月18日の15時までに観測されている地震は最大がM6.1から10分後に起きていたM3.5・震度2とかなり規模が小さいことから、東日本大震災や熊本地震とは異なる展開となっている可能性があるが、今後M6.1に近い規模、M5を超える地震が起きるようであれば改めて注意レベルを高める必要があるだろう。

別の断層で「別の本震」の恐れも

1995年01月の阪神淡路大震災や2016年10月21日の鳥取県中部M6.6・震度6弱のように突然強い本震が発生し、その後余震活動が続くといった形となる可能性も小さくないと考えられるが、安心する訳にはいかない。

今回の震源における地震という意味ではM6.1が本震であった場合でも、周囲の断層への影響によって新たな強い地震につながる可能性が否定出来ないからだ。

上記の2氏と同様「さらに大きな地震への警戒が必要だ」と語る東北大学災害科学国際研究所の遠田晋次教授は「上町断層への影響が心配だ」「周辺断層への影響が考えられる」と述べており、M7.5程度の地震が起き得るとされる上町断層帯への波及に含みを持たせている。

上町断層帯についてはM6.1について紹介した中で触れているが(関連記事)、仮に今回の地震が前震ではなく本震だった場合でも、周囲に存在する断層において更に強い地震が発生する恐れがある、ということは念頭に置いておくべきだろう。
 


 

関連URL:【JIJI.COM】直下型で揺れ大きく=研究者、さらなる地震懸念-大阪地震 【産経ニュース】有馬-高槻断層帯が関係か 専門家が指摘、周辺の活断層も活動懸念 「同程度か、もっと強い揺れも」 【産経ニュース】有馬高槻断層南端と上町断層の北端がクロスするあたりが震源か 専門家、余震警戒呼び掛け


「地震ニュース」では地震の分析と過去データからの予測・前兆情報を全てオリジナル記事でご提供。新着記事配信登録でいち早くどうぞ。


follow us in feedly

読者アンケートにご協力下さい。読者アンケート
現在の予測情報はメインメニューから「地震予測カレンダー」を参照して下さい。

当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。またリライトと判断される行為についても固くお断り致します。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。「無断転載禁止」をご覧ください。


Pocket

-地震予測
-, , , , , , , , , ,