予言・噂 宏観異常

2018年06月18日大阪府北部震度6弱直後から「地震雲」が話題に、NHKも注意喚起

Pocket

 
06月18日の朝、大阪府北部でM6.1・震度6弱の地震が発生してから、「地震雲」が話題になっていたことがわかった。これに関しNHKもTwitterで注意を喚起しているほどだ。

「地震雲」にNHKが注意喚起「科学的に説明出来ていません」

下記はYahoo!リアルタイム検索で「地震雲」を含む投稿数をグラフ化した図で、左側が24時間、右側が1週間の推移をそれぞれ示している。

06月18日の07:58に発生した大阪府北部M6.1・震度6弱の直後から「地震雲」に言及する書き込みが急増していたことがわかるが、前日の雲を撮影した写真がSNSで拡散した影響が強かったためのようだ。

左側の24時間グラフを見るとその後夕方に再び「地震雲」に関する発言が大きな伸びを示しているが、これは16:45にNHKがこのようなツイートを流したことによる影響もあったと考えられる。

NHK「【「地震雲」について】地震が大気中の雲に与える影響は科学的に説明できていません。どのような雲が「地震雲」なのか定義はありません。雲は絶えず変化し気流や光の加減で珍しい色や形に見えることも。体に感じる地震は年間2000回前後。毎日、日本のどこかで起きています。備えはいつでも必要です。」

NHKが「地震雲」が話題になっていることに鑑みて注意を喚起したものと考えられる。今回と同じNHK生活・防災のアカウントは以前にも2016年11月に「大地震が起きるのではないか」と不安が広がった際、「根拠が不確かな情報には注意」と警鐘を鳴らした前例があるためだ(関連記事)。
 
180619-007jishinkumoyahoo
 

「地震雲」話題後に地震起きていた事例も

地震前に特定の形状の雲が出現するという科学的な根拠は確認されていないが、「地震雲」は一般に広く知られており、地震の前兆として考える人が少なくない。

では、今回の震度6弱前に地震雲は出ていたのだろうか。地震雲とされる形状の雲は日本のどこかで日々出現していることから、今回もそうした雲が見られたのは事実だろうが、上記のグラフからは震度6弱前に地震雲が大きな話題になっていたとは言えないため、多くの人が確認し話題にするほどの広範囲で見られていたわけではなく、あくまで局地的に確認されていたようだ、という程度に留めておくのが妥当だろう。

地震雲とその後の地震発生については、大きな話題となった場合に記録の意味合いから紹介しているが、因果関係は不明ながらその後地震に繋がっていたケースもある。

直近では2017年11月02日に関東地方や中部地方で地震雲に関する投稿が急増したことがあるが(関連記事)、この時は1週間後に八丈島東方沖でM6.1・震度1の地震が発生していた。

また強い地震の前に見られていたケースとしては2016年10月21日の鳥取県中部M6.6・震度6弱の5日前にも地震雲が話題になっていた事例や、2016年04月01日の三重県南東沖M6.1・震度4の2日前にも同様に注目を集めていたという例もあるが、地震雲が出現した地域と震源が離れていることも少なくなく、関連はやはり不明である。
 


 

関連URL:Twitter


「地震ニュース」では地震の分析と過去データからの予測・前兆情報を全てオリジナル記事でご提供。新着記事配信登録でいち早くどうぞ。


follow us in feedly

読者アンケートにご協力下さい。読者アンケート
現在の予測情報はメインメニューから「地震予測カレンダー」を参照して下さい。

当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。またリライトと判断される行為についても固くお断り致します。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。「無断転載禁止」をご覧ください。


Pocket

-予言・噂, 宏観異常
-, ,