180619-010osakahokubuyoshin

2018年06月19日大阪府北部での地震活動が朝までに回数・規模ともに拡大の傾向

Pocket

 
06月18日に大阪府北部でM6.1・震度6弱が発生して以降、震源付近における地震活動が続いているが、06月19日になってから規模・回数共に増大傾向にあり、引き続き厳重な注意が必要だ。

大阪府北部で06月19日に地震活動が活発化傾向

06月18日の07:58に大阪府北部で起きたM6.1・震度6弱の地震以降、大阪府北部における地震は06月19日08:00までに27回に達しているが、M6.1を除く26回の地震を6時間毎に見てみると、06月19日になってから地震回数・地震規模共に地震活動が活発化していることがわかった。

06月18日08:00~14:00 15回 平均M2.87
06月18日14:00~20:00 02回 平均M2.95
06月18日20:00~02:00 02回 平均M3.35
06月19日02:00~08:00 07回 平均M3.14

M6.1直後の6時間に15回の有感地震を観測して以降、その後の12時間で4回しか発生していなかったにも関わらず06月19日の02:00から08:00までの6時間で7回起きている上に、有感地震の平均マグニチュードもM3を上回ってきているのである。

特にM3.5以上の地震を抽出してみると地震規模の増大傾向は鮮明で、06月19日になってからM4.0・震度4が発生した他、明け方から朝にかけて2度のM3.9を含むM3.5以上が計4回起きている。

M3.5以上の有感地震
06月18日07:58 M5.9 震度6弱 大阪府北部
06月18日08:08 M3.5 震度2  大阪府北部
06月18日16:31 M3.5 震度3  大阪府北部
06月19日00:31 M4.0 震度4  大阪府北部
06月19日04:53 M3.9 震度3  大阪府北部
06月19日06:50 M3.5 震度2  大阪府北部
06月19日07:52 M3.9 震度3  大阪府北部

今後も有感地震が増加しその規模も拡大していくようであれば要注意であろう。

地震調査委員会「さらに大きな地震が起こる可能性」

今後の強い地震への警戒が必要な理由は、M6.1以降の有感地震発生状況以外にも挙げられる。06月18日に臨時会合を行った地震調査委員会が震源断層の特定に至らず、委員長の平田直東大地震研究所教授が「この2~3日の間は、さらに大きな地震が起こる可能性に警戒してほしい」と話しているのだ。

平田教授はまた「地震が別の場所で起きる可能性」にも言及しているが、他にも別の断層が動く恐れを指摘する専門家もいることから、今回の震源付近における地震が収束に向かった場合でも、それ以外の断層で強い地震が発生する可能性は否定出来ない。

今回の地震と最も関係の深い断層とされているのが有馬-高槻断層帯で、30年地震発生確率はM7.0~M8.0程度の地震が「ほぼ0~0.3%」とされている。

上記は06月19日02:00~08:00までの大阪府北部における震源マッピング図で、東西に伸びている水色の線が有馬-高槻断層帯を示している。

ここで注目されるのが地震が東西より南北方向に広がる形で起きていることで、南側には生駒断層帯の北端がある。

生駒断層帯の30年地震発生確率はM7.0~M7.5程度が「ほぼ0~0.2%」とされているが、今後生駒断層帯方面での地震活動に繋がっていくようであれば注意が必要だ。

大阪市長「心配なのは上町大地震」

注意すべきは生駒断層帯だけではない。生駒断層帯の西側に並行するように伸びている上町断層帯との関連も今回拭えていないからだ。

今回のM6.1震源と上町断層帯の関係については地震調査委員会の平田直委員長も「上町断層帯は震源から西に少し離れているが、地下の断層面は東側に向かって傾斜しており、震源周辺まで延びている可能性がある」と指摘している。

上町断層帯が動いた場合の危険性については既に紹介済だが(関連記事)、上町断層帯でM7.6の地震が発生すると死者約42,000人が予測されるなど大阪で最も警戒すべき断層であることは間違いない。

大阪市の吉村洋文市長も06月19日の朝、Twitterで上町断層帯についてこのように言及しているほどなのである。

吉村「本日から特に2〜3日は気をつけて下さい。心配なのは上町大地震です。大阪市の防災は、現在想定の南海トラフの前は、上町大地震を最大地震として想定していました。今回の断層帯と上町断層帯は近いです。」

上記の通り06月19日になってから地震が回数・規模ともに拡大傾向を見せている点に留意して今後の動向を注視すべきだろう。
 

関連URL:【読売新聞】三つの断層帯「どれが活動したか、断言できず」 【産経ニュース】周辺で同規模地震の誘発も 熊本地震の前例、危険性を学者らが指摘 【産経ニュース】震源断層は特定できず 複雑な発生メカニズム 地震調査委が評価公表 Twitter


「地震ニュース」では地震の分析と過去データからの予測・前兆情報を全てオリジナル記事でご提供。新着記事配信登録でいち早くどうぞ。


follow us in feedly

読者アンケートにご協力下さい。読者アンケート

当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。またリライトと判断される行為についても固くお断り致します。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。「無断転載禁止」をご覧ください。


Pocket