180619-012oikekazuo

2018年06月19日大阪府北部地震が上町断層帯や中央構造線断層帯を刺激する可能性を専門家が指摘

Pocket

 
06月19日に読売テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」に出演した元京都大学総長の尾池和夫・京都造形芸術大学学長が、大阪府北部震度6弱地震の影響について上町断層帯や和歌山の中央構造線断層帯を刺激する可能性がある、と指摘していた。

06月18日に臨時会合を行った政府の地震調査委員会が今回の地震を引き起こした断層を特定出来ず、委員長で東大地震研究所の平田直教授が「この2~3日の間は、さらに大きな地震が起こる可能性に警戒してほしい」と注意を呼びかけていること、また震度4を含む有感地震が続いていることから関西地方では緊張が続いている(関連記事)。

複数の専門家が「有馬-高槻断層帯」や「生駒断層帯」それに「上町断層帯」を挙げ、強い地震がこれらの断層で起きる可能性を指摘しているが、地震学者の尾池学長は上町断層帯と共に和歌山に横たわっている中央構造線断層帯への影響に懸念を示していた。

尾池学長は今回のM6.1・震度6弱について地震調査委員会が「有馬-高槻断層帯」「生駒断層帯」「上町断層帯」が関連して起きた可能性があると発表している点について、それほど大きな地震だったわけではなく、中規模地震であったことから関連を考えるのは無理がある、とした上で各断層にもたらす影響について説明。

それによると「有馬-高槻断層帯」は1596年に慶長伏見地震が起きていたこと、六甲・淡路島断層帯では1995年に阪神淡路大震災が発生していたこと、また生駒断層帯でも8世紀に揺れていたことから、これらの断層は刺激されても動かない、とこうした断層では強い地震は起きないとの考えを明かし、刺激によって動く恐れのある断層として「上町断層帯」と「和歌山の中央構造線断層帯」を挙げていた。

中央構造線断層帯付近では1596年に慶長伊予地震(09月01日)、慶長豊後地震(09月04日)、そして慶長伏見地震(09月05日)が相次いで起きていたことから、今回の地震がこうした広域の連動地震に繋がっていくのではないかとの不安も見られているが、尾池学長は400年前に動いて終わっているとしてこれも否定。

大分から愛媛、徳島までは既に400年前の地震で「終わっている」とした上で、その一方では中央構造線断層帯の淡路島から紀伊半島の真ん中まではエネルギーが残っているため強い地震が発生する可能性があり「怖い」のだという。

こうした理由から上町断層帯と共に和歌山県の中央構造線断層帯を挙げた尾池教授だったが、すぐにということではなく、「(地震が起きるのは)この1週間位だとか」と尋ねた宮根誠司キャスターに対して「そんなことはないと思いますけどね。あと20年ぐらいの話」と述べていた。

尾池学長はまた南海トラフ巨大地震について「あと20年位したら起こる地震」との見解を示し、それまでに西日本でM7前後の規模で内陸の活断層が動く地震が2~3回起きる可能性がある、との考えを明らかにしていた。
 

※画像は気象庁より。


「地震ニュース」では地震の分析と過去データからの予測・前兆情報を全てオリジナル記事でご提供。新着記事配信登録でいち早くどうぞ。


follow us in feedly

読者アンケートにご協力下さい。読者アンケート

当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。またリライトと判断される行為についても固くお断り致します。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。「無断転載禁止」をご覧ください。


Pocket