2018年07月13日不吉とされる「13日の金曜日」に強い地震が起きた事例は

Pocket

 
不吉として知られる「13日の金曜日」に当たる2018年07月13日だが、過去の「13日の金曜日」に強い地震が起きていた事例はあるのだろうか。2000年以降の32回について調べてみた。

「13日の金曜日」に地震が増えるという科学的根拠がどこにもないのは当然だが、それでも「不吉」と言われているだけに、過去、「13日の金曜日」にどのような地震が発生していたのか、という点に興味を持つ人もいることだろう。

「13日の金曜日」は2000年以降、前回までで計32回。年に1~2回程度だが、年によっては3回あったケースもある。

こうした「13日の金曜日」に、日本国内でM5以上もしくは震度4以上の地震が発生していた事例について調べてみると、32回中7回であることがわかった。

国内のM5以上発生頻度に照らせばごく自然な値と言えるが、7回起きていた「13日の金曜日」当日の「M5以上もしくは震度4以上」がこれらの地震である。

2003年06月13日 M4.2 震度4 長野県南部
2007年04月13日 M5.0 震度1 宮古島近海
2008年06月13日 M4.8 震度4 長野県南部
2010年08月13日 M5.4 震度1 千島列島
2012年04月13日 M5.9 震度4 福島県沖
2012年04月13日 M5.2 震度3 福島県沖
2013年09月13日 M4.4 震度4 茨城県沖
2016年05月13日 M4.0 震度4 熊本県熊本地方

2012年04月13日に福島県沖でM5.9・震度4とM5.2・震度3というM5超えが2度発生していたことや、長野県南部で2003年06月13日と2008年06月13日に起きていたことが特徴的だが、それ以外に目立った点は見当たらない。

ただし、数年ごとに「M5以上もしくは震度4以上」を記録してきた「13日の金曜日」が、2016年05月13日以降、「2017年01月13日」「2017年10月13日」「2018年04月13日」と3回連続で沈黙していることから、そろそろ次の「M5以上もしくは震度4以上」が起きてもおかしくない状態である、とは言えそうだ。

2018年07月13日の金曜日はどうなるだろうか。
 



「地震ニュース」では地震の分析と過去データからの予測・前兆情報を全てオリジナル記事でご提供。新着記事配信登録でいち早くどうぞ。


follow us in feedly

読者アンケートにご協力下さい。読者アンケート

当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。またリライトと判断される行為についても固くお断り致します。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。「無断転載禁止」をご覧ください。


Pocket