180822-012kumamoto

2018年08月22日熊本県熊本地方で地震、2018年3回目となる1ヶ月ぶりの震度4


 
2018年08月22日の18:23に熊本県熊本地方でM4.1・震度4の地震が発生した。熊本県熊本地方としては1ヶ月ぶりの震度4であった。

日本国内で震度4以上を観測したのは08月11日の福島県沖M5.1・震度4以来11日ぶりで、2018年としては今回が39回目。震度4以上地震の月別発生推移は以下の通りであることから、08月末までの09日間で再び震度4以上が起きる可能性は少ないとは言えない。

2018年の国内震度4以上地震

01月 03回
02月 03回
03月 03回
04月 08回
05月 07回
06月 07回
07月 06回
08月 02回(08月22日18:30まで)

熊本県熊本地方における震度4以上地震は07月25日のM4.4・震度4以来およそ1ヶ月ぶりで、2018年としては今回が3回目。2016年の大地震以降、震度4以上は2017年に4回と激減したにも関わらず、2018年08月の時点で既に3回の震度4を観測している点には少々留意しておく必要があると言えそうだ。

というのも07月25日のM4.4・震度4の際に紹介した通り、熊本県では平成28年熊本地震と同規模の地震が再び発生する可能性が指摘されているためである。

「布田川断層帯」「日奈久断層帯」の未破壊区域が今後、強い地震を引き起こす恐れがあるとされており、専門家も「近い将来、熊本地震と同程度の地震は再び起きる」と述べている。

今回の震源位置「北緯32.7度/東経130.7度・深さ約10km」の地点では2016年04月以降、震度4だけでも今回を含め27回の地震が起きており、度重なる強い揺れが未破壊区域を刺激している可能性は否定出来ない。

熊本県熊本地方では震度5弱以上を観測した地震は2016年08月31日以来発生していないが、震度4を超える地震が起きた場合や有感地震が多発した場合には注意レベルを高める必要があるだろう。
 
※画像は気象庁より。