180910-010hi-net

2018年09月10日石狩低地東縁断層帯方向の浅い震源での地震が増加傾向に

Pocket

 
09月06日未明に発生した平成30年北海道胆振東部地震以降、胆振地方中東部における活発な地震活動が続いている。日毎の地震発生状況を比較すると、地震の発生状況に変化も見られるようだ。

有感地震の発生数は震度7以降、既に160回を超えており、震度4の地震も6日、7日、8日、9日と連日起きている。

09月09日の22:55にも震度7発生直後以来となる3日ぶりのM5台を記録するなど地震が多発しており、09月10日の朝にもNHKが「最大震度7程度の余震に注意」と呼びかけている。

胆振東部地震について地震調査委員会は当初疑われた石狩低地東縁断層帯で発生したものではないと説明おり、震源の深さも37kmと深かったことから別の活断層の存在が指摘されているが、ここ数日の地震発生状況には注目すべき点もあるようだ。

上記はHi-netによる09月06日から10日にかけての震源付近における地震発生状況を24時間毎に区切った推移だが、09月08日頃から石狩低地東縁断層帯方向における浅い位置での地震が増加傾向を示しているのだ。

最左:09月06日06:00~09月07日06:00
中左:09月07日06:00~09月08日06:00
中右:09月08日06:00~09月09日06:00
最右:09月09日06:00~09月10日06:00

黄色で示された深さ30km前後の地震が多くを占める一方で、より浅い震源で発生した赤い地震が石狩低地東縁断層帯方向で増加しているのがわかる。

有感地震に発展した深さ10km以下の地震が09月06日、07日にはゼロ回であったのに対し09月08日の21:04以降09日までに4回出現しており、今後は石狩低地東縁断層帯により刺激を与え得る浅い場所における地震の動向にも留意した方が良さそうだ。石狩低地東縁断層帯の南部ではM7.7程度以上が想定されている。
 

※画像はHi-netより。
関連URL:【Hi-net】2018年9月6日 平成30年北海道胆振東部地震 【NHK】最大震度7程度の余震に十分注意 雨の土砂災害も注意を


「地震ニュース」では地震の分析と過去データからの予測・前兆情報を全てオリジナル記事でご提供。新着記事配信登録でいち早くどうぞ。


follow us in feedly

読者アンケートにご協力下さい。読者アンケート

当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。またリライトと判断される行為についても固くお断り致します。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。「無断転載禁止」をご覧ください。


Pocket