180915-010nankaitraph

2018年09月14日また日向灘など平成30年北海道胆振東部地震以降続く南海トラフ周辺での地震

Pocket

 
09月14日に日向灘で11日のM4.0に続くM3.6の地震が起きるなど、南海トラフに関連する震源における地震が平成30年北海道胆振東部地震以降続いている。専門家や専門機関も徳島県や日向灘における地震の可能性に言及するなど、目が離せない。

南海トラフ周辺で続く小規模地震

09月06日の平成30年北海道胆振東部地震でM6.7・震度7という強い揺れが起きて以降、14日までに南海トラフ周辺や関連するとみられる内陸部での地震が連日のように発生している。

09月06日 M2.7 震度1 和歌山県北部(2日ぶり)
09月06日 M3.2 震度2 島根県西部(3ヶ月ぶり)
09月07日 M3.1 震度1 瀬戸内海中部(8ヶ月ぶり)
09月08日 M2.3 震度1 和歌山県南部(4ヶ月ぶり)
09月08日 M2.7 震度1 和歌山県北部
09月09日 M3.7 震度2 種子島近海(3ヶ月ぶり)
09月10日 M3.2 震度2 三重県中部(3ヶ月ぶり)(関連記事
09月11日 M4.0 震度2 日向灘(2ヶ月ぶり)(関連記事
09月11日 M3.9 震度1 種子島近海
09月11日 M4.4 震度2 種子島近海
09月13日 M2.1 震度1 兵庫県南東部(1ヶ月ぶり)
09月13日 M2.6 震度1 滋賀県北部(11ヶ月ぶり)
09月14日 M3.6 震度1 日向灘
09月14日 M3.3 震度1 徳島県南部(2ヶ月ぶり)

注目度の高い日向灘で2度の地震が起きている他、09月10日に揺れた三重県中部の震源と同位置における過去の地震ではその後南海トラフ関連でのM5以上が目立っていたなど(関連記事)、今後規模の大きな地震が発生する可能性は否めず、引き続き南海トラフの動向を注視しておくべきだろう。

北海道でのM6.7が南海トラフに影響を及ぼす恐れはあるのか、という疑問もあるだろう。だが、08月下旬から09月上旬にかけ、南太平洋でこれだけのM6.5以上地震が相次いだことを思い起こすべきだ。

ソロモン諸島からニュージーランドまでは、日本列島の南北以上の距離が離れており、影響が皆無と言い切ることは出来ない。

08月19日 M8.2 フィジー
08月19日 M6.8 フィジー
08月22日 M6.5 バヌアツ
08月29日 M7.1 ニューカレドニア
09月07日 M7.9 フィジー
09月10日 M6.5 ソロモン諸島
09月10日 M6.9 ニュージーランド

徳島県や日向灘、近畿直下型地震指摘する専門家・機関も

平成30年北海道胆振東部地震をきっかけに、今後強い地震が起き得る場所に関する記事が各メディアによって掲載されているが、その中には南海トラフ周辺に言及したものもみられる。

ポストセブンが09月14日に公開した「北海道地震を予測した東大教授が予測する『今、危険なエリア』」と題した記事では村井俊治東大名誉教授の指摘を紹介しており、首都圏や東海について警鐘を鳴らしているが、同時に「次に危険度が高いのは、『徳島県を中心とした四国』と『紀伊半島』だ」として南海トラフ周辺地域に言及している。

そこでは高知県の足摺岬や室戸岬、紀伊半島の潮岬を挙げてデータの変動に触れると共に、徳島県における変動について「四国の中でも特に危険」と注意を呼びかけているのだ。

またEPRC(一般社団法人地震予兆研究センター)が09月13日に公開た最新のレポートでは、日向灘付近でM5クラス、最大震度4の地震が起きる可能性があると予測されている。

南海トラフに関連した地震としては内陸部の直下型地震も迫っている。09月08日には産経ニュースが「南海トラフ地震を前に近畿で直下型地震の可能性」として、06月18日の大阪府北部M6.1が近畿における直下型地震の可能性を高めた、との専門家の声を紹介しているのだ。

これは東北大学の遠田晋次教授が大阪府北部地震を分析した結果「震源に近い上町断層帯などにも影響を与えた可能性がある」として近畿での直下型地震について「6月の地震でその可能性がさらに高まった」と述べているもの。

こうした中、日向灘や徳島県南部における有感地震が小規模ながら起きている現状に着目し、注視しておくべきであるのは間違いないだろう。
 

※画像はHi-net(2018/09/08 07:30~2018/09/15 07:30)より。
関連URL:【NEWSポストセブン】北海道地震を予測した東大教授が予測する「今、危険なエリア」 【EPRC】Predictions of earthquakes registering over M5, Seismic Intensity 4 : Until Sep. 18, 2018 【産経ニュース】南海トラフ地震を前に近畿で直下型地震の可能性 大阪北部地震が誘発か 「対策急げ」と防災専門家 Hi-net


「地震ニュース」では地震の分析と過去データからの予測・前兆情報を全てオリジナル記事でご提供。新着記事配信登録でいち早くどうぞ。


follow us in feedly

読者アンケートにご協力下さい。読者アンケート

当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。またリライトと判断される行為についても固くお断り致します。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。「無断転載禁止」をご覧ください。


Pocket