地震予測 関連情報

30年以内に震度6弱以上の地震が起きる全国県庁所在地における確率が発表される

Pocket

6月10日に政府の地震調査委員会が今後30年以内に震度6弱以上の地震が発生する確率を全国の県庁所在地別の数値として発表した。

前回の2014年と比較すると南海トラフ巨大地震の影響を強く受ける地域で2%高まっている地点が多いのが目立つ。全国で最も確率が高いのは千葉市の85%、最も低いのが札幌市の0.92%だった。

それ以外の地域では東京都庁が47%、横浜市が81%、静岡市が68%、大阪市が55%、高知市が73%、福岡市が8.1%などであった。
 

地点 確率
札幌市 0.92%
青森市 5.0%
盛岡市 4.2%
仙台市 5.8%
秋田市 7.4%
山形市 3.6%
福島市 6.7%
水戸市 81%
宇都宮市 13%
前橋市 6.9%
さいたま市 55%
千葉市 85%
東京都庁 47%
横浜市 81%
新潟市 13%
富山市 5.2%
金沢市 6.5%
福井市 12%
甲府市 48%
長野市 5.5%
岐阜市 27%
静岡市 68%
名古屋市 45%
津市 62%
大津市 11%
京都市 13%
大阪市 55%
神戸市 45%
奈良市 61%
和歌山市 57%
鳥取市 5.2%
松江市 2.1%
岡山市 41%
広島市 21%
山口市 4.5%
徳島市 71%
高松市 61%
松山市 44%
高知市 73%
福岡市 8.1%
佐賀市 8.2%
長崎市 2.6%
熊本市 7.6%
大分市 55%
宮崎市 43%
鹿児島市 18%
那覇市 20%

 



「地震ニュース」では地震の分析と過去データからの予測・前兆情報を全てオリジナル記事でご提供。新着記事配信登録でいち早くどうぞ。


follow us in feedly

読者アンケートにご協力下さい。読者アンケート
現在の予測情報はメインメニューから「地震予測カレンダー」を参照して下さい。

当サイトの著作物は無断転載・使用を固く禁じています。またリライトと判断される行為についても固くお断り致します。各種Webサイト・掲示板・動画・スマートフォンアプリなど形態を問わず権利侵害行為に対しては著作権法及びその他の法に基づき厳正に対処します。「無断転載禁止」をご覧ください。


Pocket

-地震予測, 関連情報
-, , , ,